杉浦太陽、10年かけて妻・辻希美から調教される 「最近は監視されてないと不安」

 先日14日、「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2016」の発表会が行われ、タレントの杉浦太陽、辻希美夫妻が同賞を受賞した。

 夫婦そろって公の場に登場するのは、07年5月の結婚会見以来。この時は先に辻の妊娠が発覚していたこともあり、関係者に深々と頭を下げていた杉浦だが、本発表会ではそれに絡め「やっと謝らずに堂々と出られました」とホッとした表情。一方の辻は発表会で夫婦円満のポイントを聞かれ、「家の狭い空間でも、(杉浦が)気が付いたら近くにいて、スキンシップを取っています」「ソフトタッチです」と赤裸々に告白。杉浦が「あんまり変なこと言うなよ!」と不安そうに見つめると、辻はさらに「上じゃなくて下の……」と爆弾発言。報道陣のどよめきで、うっかりリップサービスしていたことに気付き、「わたし、チャームポイントがおしりなんですけど、こう……ね」と言葉を濁した。 

 AbemaTV『原宿アベニュー』には、杉浦が火曜レギュラーとして出演中。この発表会に関連して、15日の放送では共演者から杉浦に質問が集中した。

 「下のソフトタッチ」について聞かれた杉浦は「想像にお任せしますけど、まあ、おしりにソフトタッチですよ」と顔を真っ赤にさせ、「でも、夫婦はスキンシップがないとダメですよ」「ハグとか大事」と弁明を重ねた。テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーから「確かに、普段からすごく連絡取ってらっしゃいますもんね」と水を向けられると、杉浦は辻と同じ家に暮らしているにも関わらず「連絡しない日はない」「電話に出ないと着信20件くらい来る」と驚きの夫婦関係を告白。「最近は監視されてないと不安」「10年かけて調教されちゃった」と頭を掻いた。

 同じく火曜レギュラーの蝶野正洋は、「家の中ではとにかくカミさんを崇拝する」「反発心とか持たない。生ゴミ捨ててきてって言われたら捨てるし」「カミさんにはあまり対抗しないほうがいい」とコメント。杉浦は「本当にその通り」と深々とうなずき、「嫁を怒らせていいこと一つもない。それが円満の秘訣」と同意していた。 結婚相手を募集中の弘中アナは「こういう男性を見つけないと」と決意を新たにした様子だった。


(c)AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000