お隣中国でも… 独身女性が増えるわけとは

 独身女性の比率が年々上がっている日本。この傾向はお隣、中国でも起こっているという。

 「中国では30歳以上の独身女性の数が10年前から2倍に増えていることが分かりました」

 そう語るのは中国人会社員の張娜さん。

 11月11日が「独身の日」とされている中国ではネット通販などで大規模なセールが実施され、大きな話題となった。

 「これまでの中国では30歳になっても結婚しないと、いつ結婚するのかなどとうるさく言われ大変でした」と張さん。しかし「徐々に独身でいることを選ぶ女性が増えてきてそれが理解されるような状況になってきた」のだという。また、独身女性が増えている理由について張さんは「仕事をする女性が増えていること」を挙げ、「そういう女性は自立しているので、経済を自分で支えていけるからという見方もあります」とコメント。

 博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平氏は、「中国はもともと共働きの国。みんな大都市部に来て長時間労働になったりして給料も上がり、(女性からしたら男性より)自分の方が稼げる」状態になっていると解説。「高学歴化が進んできたことによる高収入化」がこのような状況を引き起こしている可能性を示唆した。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000