杉浦&辻夫妻、生まれ変わっても2人は一緒 「私には杉浦太陽と言う人としか無理」

 毎年11月12日「いい夫婦の日」に発表される有名人の理想の夫婦「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」。18回目を迎える2016年は、宇崎竜童・阿木燿子夫妻と杉浦太陽・辻希美夫妻に決定。さらに、日本の水球の普及に尽力した青栁勧・ミハエラ夫妻が特別賞を受賞した。授賞式後、杉浦・辻夫妻はそれぞれブログを更新した。

杉浦太陽オフィシャルブログ「太陽のメッサ食べ太陽」より


 辻は「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」が「ずっと憧れだった」そうで、「結婚10年目と言う節目にこんな素敵な賞を頂けて、凄く凄く嬉しいです」と感激。さらに、今回着用したドレスはブライダルファッションデザイナーの桂由美のものだったと明かし、「本当ーに夢のょぅでした」と語った。


辻希美オフィシャルブログ「のんピース」より


 プロポーズの言葉は「一生お前の笑顔を見ていたい。俺についてきてくれ」だったという2人。結婚10年目を迎えた感想について聞かれると、杉浦は「もう10年か、と思う時もあり、まだ10年かとも思います。10年間、色々なことを共にしてきました。楽しい事もいっぱいありますが、もちろん喧嘩する事もあります、一緒にいる時は笑顔でいよう!っとお互い言ってるので、楽しい家庭作りを心がけてます。まだ10年ですが、この培ってきた年月があるからこそ、二人の歴史が作られ、子育ての悩み、辛いことがあった時、困難にぶつかった時、相談する相手がいるというのは幸せだなぁと、安心出来る事だと思います、結婚して良かったな、としみじみと思います。仕事を終えて、家に帰ると、パパーっと3人が飛び付いてくる、そんな小さな事に本当に幸せだと感じ、その家庭を大切に思ってくれる希美に感謝しています」と語った。


 また、10周年の記念日の過ごし方についてはまだ未定のようだが、いい夫婦の日は毎年夫婦2人で食事に出かけているそうだ。辻は、結婚披露パーティをしていなかったのを悔やんでいるようで、「10周年で披露宴チックなパーティをしたいです」と語っていた。


 「生まれ変わったらお二人はまた結婚するか?」という質問には2人とも「イエス」。 杉浦は「希美は僕にとって、最高で最良の妻であり、子ども達にとっても、そうであると思います。彼女と結婚したからこそ、3人の子どもたちとも逢えたのですから」と辻に感謝し、辻も「私には杉浦太陽と言う人としか無理だと思います」とコメント。お互いの大切さを改めて感じさせられた授賞になったようだった。 



杉浦太陽も出演!『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000