紅白の司会、なぜ高畑充希ではなく有村架純に? 芸能リポーターが分析

 12月31日に放送されるNHK紅白歌合戦の司会者が白組が嵐・相葉雅紀(33)で、紅組が女優・有村架純(23)になることがNHKから発表された。この件について、14日に放送された『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)で芸能リポーター・駒井千佳子氏が解説した。

 駒井氏によると、今回の決定は、各種メディアのNHK担当記者も驚いていたという。というのも、2016年上半期のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン・高畑充希(24)が選ばれるのではという下馬評が高かったからだ。一部スポーツ新聞は、元々白組がV6の井ノ原快彦で、紅組が高畑だと報じていた。しかし、蓋を開けたら驚きの展開だったというわけだ。この事情について駒井氏はこう語る。

「白組の司会はここ5年連続嵐でしたが、今年は相葉君一人です。なぜかなぁ? 憶測でしかないですが、今年もジャニーズカウントダウンコンサートがあるんですよ。夜の11時から始まるのですが、紅白の放送は11時45分まで。そのコンサートの司会は相葉君抜きの嵐がやり、相葉君が後で車で会場へ移動するのかもしれません。そして、架純ちゃんだけど、去年は綾瀬はるかさんが司会をしたのですね。高畑さんは綾瀬さんと同じホリプロ所属で、2年連続は……ということでバランス取ったのでは……。架純ちゃんは、来年春の朝ドラヒロインなので、その前に司会をするというのは異例ですね」


 また、視聴者から「相葉君で大丈夫?」という質問がされたが、駒井氏は「大丈夫。凄くまじめだから(段取り・台本を)覚えられます。NHKのアナウンサーによる総合司会もいらっしゃいますので、それが有働さんになるか、他かの方かは分からないけど、フォローもしてもらえます」と語った。


 なお、紅白の台本は電話帳ぐらいの厚さがあるほどのものだそうだが、NHKホールの2階席に掲げられた巨大モニターにセリフが掲出されるのだという。いわゆる「カンペ」である。ここに台本が表示されるそうだ。


(C)AbemaTV


『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000