今年No.1セクシー女優、高橋しょう子 「自分の体はすごいコンプレックスだった」

 10日、東京都江東区の「Differ ARIAKE」で、男たちが火花を散らす年に一度のイベント、アダルト業界の祭典「Japan Adult Expo」が開催された。


 業界の発展を目的としているというこの祭典、何と言っても目玉イベントはNo.1セクシー女優を決める「AVOP ’16総合グランプリ」である。


 「グランプリはDVDの配信と販売とレンタルの売上合計金額が一番高い人に決まります」


 元セクシー女優の成瀬心美さんはグランプリについてそう説明するが、今年はこのグランプリに異変が起きた。


 今年No.1セクシー女優として輝いたのは、“たかしょー”こと高橋しょう子さん。元グラビアアイドルで、今年セクシー女優としてデビューしたばかりだ。驚くことに、なんと他にもジャンル部門やファン投票部門など、デビュー1年目にして全7部門で1位を獲得したのである。

 2000人以上もの人々が押し寄せる中、歓喜の瞬間を味わった彼女は、「自分の体はすごいコンプレックスだったんですよ。服を着ると太って見えたり・・・今は総合グランプリという賞を頂いて自信につながって。もっともっと自分を出していきたいなと思います」と笑顔で語った。


 元グラビアアイドルということもあり、共演したことがあるというタレントの岸明日香さんは「『グランプリとって当然でしょ』というくらいポテンシャルも高く、すごく性格もいい子」と語る。


 これからAV業界を牽引していくであろう高橋しょう子さん。「多才」と評される彼女の今後の活躍に期待だ。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000