土屋太鳳、織田裕二を絶賛 「本当に凄いかた」

 女優の土屋太鳳が13日、自身のブログで俳優の織田裕二について語った。土屋と織田は現在、日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』で共演中。連日撮影が続いているというが、今日は急遽オフになったそうで、土屋はひとりで映画に行き『湯を沸かすほどの熱い愛』 と『ボクの妻と結婚してください。』を観たと報告。映画の感想をブログに綴った。

土屋太鳳オフィシャルブログ「たおのSparkling day」より


 久しぶりのひとり映画の感想は「あまりにもあまりにもあまりも濃く、哀しいけど温かくてえぐられるけど包まれる、言葉を失うほど心つかまれた時間でした…」とのこと。「涙が流れすぎて頭が痛い…どちらも家族と命と愛の物語。どちらも涙がとまらない物語。でも、全く違うタイプの作品でもありました。本当に素晴らしかった…素晴らしかったです」と、2本とも深く胸に刺さった様子だった。


 織田が主演を務める『ボクの妻と結婚してください。』について、土屋は織田の演技を「本当に凄いかた」と絶賛。

 この映画を観て、自分が毎日のように撮影現場で会っていた織田は「完全に沙羅駆さん(※)」で「織田裕二」ではなかったと実感したと語り、『ボクの妻と結婚してください。』でも「織田さんではなかった」「本当に素晴らしい愛情が人の形をして動いていました」と、織田の役への入り込みっぷりをべた褒めしていた。


(※)『ボクの妻と結婚してください。』で織田裕二が演じる主人公・法門寺沙羅駆。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000