「朴大統領退陣せよ」〝100万人〟がデモ 中高校生が積極的に参加、若者が激怒の背景とは?

11月12日、韓国・ソウルで朴槿恵大統領の退陣を求めるデモが行われ、主催者発表で参加者は100万人となった。同日放送された『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)では、現地からリポーターの平良千穂さんが登場。「先週のデモよりさらに多くの人が集まっています。100万人が参加し、小さな子供を連れた家族連れなどの姿も見られます」と報告した。

番組にはコリア・リポート編集長の辺真一氏も登場し、今回のデモについて語った。

「中学生、高校生がデモに積極的に参加しています。朴槿恵大統領の娘が名門女子大学に裏口入学した疑惑もあり、朴大統領の地元でもプラカードを持って学生が立ち上がっています。受験のシーズンが近づいているにもかかわらず学生が参加しているのです。夜7時半の段階で参加者は100万人を突破。警察発表では26万人です。

ここまでの規模のデモは、建国の1948年以来初めてです。今回のデモは官邸まで近づいてやっており、朴大統領にも声が届いています。集会が4時ぐらいから開始し、7時までデモ。その後は第二弾の『文化祭』(歌や踊りなどあり)で大統領退陣を訴えています」

辺氏によると朴氏は野党の追及をかわすべく、野党系の人物を首相に据えようとしたが、これが一旦頓挫。内政は首相に任せ、国防・安全保障・外交を朴氏が担い、いわば「お飾り」の状況で政権を維持しようとしたのだ。野党第一の党はこれに同意したものの、国民感情からは乖離している。あくまでも国民は朴氏の退陣を求めているからだ。

この混乱の中、野党第一党が責任を押し付けられた場合はうまくソフトランディングをし、自分の手に政権を持っていきたいと考えているようだが、国民はそのような姑息な手は使ってほしくないと考えている。また、韓国では歴代大統領が退任後に逮捕されたり自殺されたりするなど、憐れな状況に追い込まれるが朴氏はどうなるのか。辺氏は今後の展望をこう語る。

「朴槿恵だけはまさか……と思いましたが、今辞めるとなればすぐに逮捕でしょう。今は大統領だから逮捕されないですが、来月には検察の調査を受ける。容疑者、参考人として呼ばれることになります。黒か灰色か? 罪を犯した人間が、その後の国民の象徴となる大統領の席にいられるか? 否が応にも辞めざるを得ないでしょう」

ここで参議院議員の青山繁晴氏が韓国の大統領は王朝交代みたいなものだと説明。その心は、中国で皇帝が代わったら前の一族を滅ぼさなくてはいけないのと同様のものだからだ。

また、今回多数の若者がデモに参加したが、彼らが激怒する理由は、朴氏の「知人女性」である崔順実容疑者のセレブ娘の存在がある。大統領を陰で操っていた女ともいわれる崔容疑者の娘は現在20歳で名門・梨花女子大学に入学。壮絶な受験地獄の韓国で裏口入学疑惑があるため、激怒されているのだ。

娘の鄭維羅氏は馬術のアジア大会で金メダルを獲得するほどの実力派だが、その入学過程に疑念があるのだという。梨花女子大学の体育特待生に、突如として「乗馬」が追加されたのだ。彼女は書類選考では800点満点中350点しか取れなかったが、面接で200点中192点を取って合格した。

これがコネを使って入ったと解釈され、若者が激怒しているのである。さらには、フェイスブックに「能力がないならお前らの両親を恨め。お金も実力のうちだ。他人の悪口を言っているから何も成功しないんだろうね」と書いたことも火に油を注いだ。韓国でここまで学歴が重視されるのは、後の人生に大きな影響を与えるから。辺氏が実情を明かす。

「韓国では、財閥重視で中小企業が育たないんです。財閥でGDPの70%以上を占めている。大企業に入るには一流大学に入らなくてはいけず、受験戦争に勝ち残らなくてはいけない。日本よりも厳しいです。受験に勝つには塾、家庭教師をつけます。韓国の家庭は、食事代を切り詰めて子供に投資。子供も頑張って入学するのに、この人(鄭氏)は、母親の七光りでコネを使い、大統領まで使って大学に入れるようにしたので反感を買っているのです」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000