柴田阿弥、チームしゃちほこが名古屋の魅力アピール

 愛知県・名古屋市。人口は全国で3位。自動車製造などの第二次産業が盛んな日本3大都市に名を連ねる大都市だ。しかし、そんな名古屋市にある異変が起こっているという。それは「2016年 名古屋ショック」。

 名古屋を本拠地とする中日ドラゴンズは球団創設80周年を迎えた今年、まさかのリーグ最下位という結果に終わった。また、サッカーJ1では、名古屋グランパスが16位に転落。チーム史上初のJ2降格が決まり、地元ファンに大きな衝撃が走った。

 この危機はスポーツ界だけに留まらない。「東京と大阪を大きなハブとしながら全国を1つの経済圏に統合する『地方創生回廊』を整える」安倍総理が2027年開業を目指すリニア中央新幹線に関して触れた、所信表明演説。この演説に、名古屋市の河村たかし市長が大激怒。「名古屋とばしを明言した」と抗議を検討するまでに。さらに、トヨタ自動車が中間決算で5年振りに減収減益を記録した。

 さらには、名古屋市が調査した「魅力のない都市・行きたくない都市」ランキングで堂々の1位を獲得してしまった。「しゃちほことか味噌カツとか…えっと…」「何もよくわからない、おいしいものがあるくらい…」「どこ行く?となって名古屋とはなりづらい」ーー。街を行く人に名古屋のイメージを聞いてみたところ、返ってきたのは、このような答えだった。

 名古屋にとってショックの大きい1年だった2016年。2017年の名古屋の未来は、果たして明るいのだろうかーー。

 この現状に、フリーアナウンサー元SKE48の柴田阿弥、そしてスタジオに駆けつけたチームしゃちほこの秋本帆華と咲良菜緒は、ヴィレッジヴァンガードなど、意外に知られていない名古屋発祥の有名企業や、進化し続ける"名古屋メシ"を紹介、名古屋の魅力をアピールしていた。

(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000