まもなくシングル発売の渡部優衣、熱狂的な阪神ファンだった!

 声優・歌手として活動している渡部優衣さん。11月16日にメジャーファーストシングル『夢のキセキ』をリリースする。本業は声優で、2008年に声優養成所に入所し、活動をスタート。


 アニメだけに限らず、『アイドルマスターミリオンライブ』や『ガールフレンド(仮)』といった人気ゲームのキャラクターなどの声も担当している。


 声を演じたキャラクターは数多く、中には東京スカイツリー公式キャラクターの『ソラカラちゃん』という全国的に有名なものまで。

 声優として人気を集める渡部さんだが、今年6月に初のアルバムをリリースするなど、歌手としても注目を集めている。

 そんな彼女のリリースイベントでは、意外な趣味が垣間見えた。


 「では、まず、今年の阪神のドラフト選手を紹介します」と、イベントで集まったファンに対して開口一番にこの言葉。大阪出身の渡部さんは阪神タイガースの熱狂的なファンだった。


 そんな渡部優衣さんに、声優にいつから興味があったのかと聞くと「幼稚園、小学校とアニメーションを見ることが好きで、中学校で声優という職業を知った。調べていくうちに声優の凄さに直面して『私もなりたい!』と思った」と回答。


 また、本気でなろうと思ったきっかけはあるかと聞くと「高校で受けたオーディションで賞を貰ったことがきっかけになった」と素直に答えてくれた。


 来週リリース予定の『夢のキセキ』については「かっこよくて力強い曲」とコメントした。


 ライブになるとトーク中の愛嬌あふれる表情とは一転、力強い表情に。テンポが速く音域も広くて歌うことが難しいであろう楽曲を易々と歌う優衣さん。彼女の多才ぶりを感じることが出来る。


 彼女の今後の活動に注目だ。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000