小林麻央、子育てに苦しんでいた過去を告白 「誇らしくない母でした」

 9日、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が自身のブログを更新。ブログの読者から寄せられた相談に答えた。

小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」より


 小林に寄せられたのは、ある母親からの悩み。「あたしは、病気がある訳でもなく、子供のそばにいつもいれるのに、誇れる母親かというと全くそうではありません 麻央ちゃんみたいに強い母親になりたいです」というものだ。


 これに対し、小林は「私も実は、病気になる前から誇らしくない母でした」と告白。過去の子育てを振り返り「当然なれるだろうと思っていた自分の母のような母になれなかった」「自信喪失でした」と語った。


 小林は、自身の目指していた母親像について「私は、全て自分が手をかけないと気が済まなくて、全て全てやるのが母親だと強くこだわっていました。それが私の理想の母親像でした。」と、回想。良妻賢母のイメージの強い小林だが、自らの「こだわり」に苦しんでいたと明かした。しかし、病気によってその「理想の母親像」から離れてしまい、「終いには、入院生活で、子供たちと完全に離れてしまいました。強制的にこだわることができない環境になってしまいました。」のだそうだ。


 病気によって、全て自分で抱え込むのではなく、周りの助けを借りるようになった小林。自分が「ならなくてはならない」と思っていたこだわりはたいしたものではなかったと気づいたようで、「病気は神様からのメッセージだという考え方もありますが、その意味では、自分の心身を苦しめたまでのこだわりは失ってみると、それほどの犠牲をはたく意味のあるこだわり(理想)ではなかったことに気づきました。だって、皆、いてくれたんだから。前からずっと。甘えていれば、全て失わなくて済んだかもしれないのだから。」と語った。


 この記事に、同じ母親である読者たちからコメントが殺到。「すごく分かります」「私も最初はそうでした」「母親だって人間だもの」など、小林の子育て感に共感する人が続出した。


 ちなみに、現在、自宅療養中の小林は子供たちと過ごす時間がぐっと増えたよう。ブログでは「また、ニョキニョキと私のこだわりが再起してきています」と報告しており、姉の麻耶に「だから、やめなよー」と注意されているのだそうだ。



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000