長谷部誠&佐藤ありさ、クリスマス挙式へ 美女が語学を学んだら要チェック

 サッカー日本代表でブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属の長谷部誠(32)とモデル・佐藤ありさ(28)夫妻が、リーグの冬休み期間中である12月25日のクリスマス挙式を行うことをスポーツ報知が報じた。なぜこの日に式をすることが分かったのか、8日に放送された『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)で芸能リポーター・井上公造氏(59)が解説した。

「12月25日の披露宴だと、招待状がどこかに届いたんじゃないのかな? クリスマスって日が日ですからね。早めに入れないと予定が入る人がいますからね。だから、誰かのところに招待状が届いたという情報をキャッチし、報知が書いたのかと思います」


 2人の出会いは、女性誌・non-noでの対談がきっかけ。その後、日本テレビ系のスポーツニュース『Going!Sports&New』で佐藤が長谷部にインタビューをし、交際に発展した。井上氏はこう続ける。

「僕が二人が結婚すると思った理由は、このスタジオ(『芸能(秘)チャンネル』の)の割と近くにある語学学校に、佐藤さんが通っていたからです。交際5年ですから、最終的にはドイツに住むことになるということで、せめて英語だけでも学ぼうということかもしれません。ドイツ語もやっていたかもしれませんね。結婚に向かって努力していたんだな、というものは見えていました。スポーツ選手はホームで試合するだけではないです。奥さんが一人で地元に残るから言葉ができないと大変です」


 こういった事情から、井上氏はこれまで外国語ができない女子アナが突然語学の勉強を始めたら、メジャーリーグに行きそうな野球選手と付き合っているということが多いという豆知識を披露した。


(C)AbemaTV


芸能ニュースをお届け!『芸能(秘)チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000