香取慎吾の引退報道 井上公造の見解は

 ここ数日、「芸能界引退」のニュースがいくつか出たが、その中で大きな話題となったのが、アイドルグループ・カントリー・ガールズのももちこと嗣永桃子(24)の芸能界引退だ。嗣永は、小学校と幼稚園の教諭の免許を持っているが、今後は自分の夢を追いかけたいのだという。

 この決断について、7日に放送された『芸能(秘)チャンネル』(AbemaTV)で、芸能リポーター・井上公造氏(59)は「僕はこの決断はすごいと思ったのは、芸能人ってしがみついてもやる人が多いんですよ。しかも、ずっとアイドルをするのは難しい。それができるのはせいぜい松田聖子さんか小泉今日子さんですね。でも、小泉さんは今は女優です(だからアイドルを続けるのは難しいこと)。売れている時に、別の人生を選ぶのも一つのやり方。しがみつくのもやり方です」と語った。

 また、この日のゲストは元ボクシングの世界チャンピオン・亀田興毅氏(29)だったが、同氏も世界最高峰を極め、惜しまれつつ引退をした。「引退」について亀田氏はどう考えているのか。「まだやろうと思えば現役はできましたよね?」の質問にこう答えた。

「決めてますから。30までに引退すると決めていたのですよ。実際引退したのは28でしたけど……。30歳から40歳、人生設計あるじゃないですか。ももちさんもそういうのがあって、引退を決めたのでしょうね。昔、彼女は僕の試合でラウンド札を上げてくれたんですよ。応援してくれたので、今回の引退にはびっくりしています」


 井上氏が「『もったいない……』と思われるぐらいの段階で辞めた方がいいことがある」と語ると亀田氏も「頭がいいと思う」と語った。


 なお、井上氏は、元タレント・島田紳助氏の誕生会で島田氏、亀田氏、前大阪市長の橋下徹氏の3ショットを目撃したのだという。いずれも芸能界・ボクシング界・政界をトップのまま引退した人々。

「カメラでまわしたいぐらいトークが面白い。皆しがみつかないで辞めた人。しかも時代を作った人。もちろん引退については、本人が決めること。ファンは寂しいだろうがエールを送ってほしいですね」(井上氏)

 また、東京スポーツが香取慎吾の来年9月の引退を報じたが、これについて井上氏は懐疑的だ。

「正直わからない。僕は肯定も否定もしないです。疑問に思うことを素直に言うと、年末、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)、紅白歌合戦出場をどうする? が決まっていないのに、来年9月の話が決まるの? まず年末はどうするの? となるのが普通なのにいくらなんでも9月の話って気が早くない? 

今SMAP本人への取材はハードル高いです。もし本当に引退するならトップシークレットでしょ? それは、本当に本人、周辺の人しか知らないこと。これがマスコミに漏れる? どんなにやっても裏取りはできないと思います。だから、間違ってるとも正しいとも言わないです」


 ただし、東スポにはそれなりにスクープもあると井上氏は同紙をフォローした。


(c)AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中 



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000