椎名ぴかりん、生放送で衝撃発言連発 「アイドルできるならキャバ嬢できるよね?」

 11月4日、AbemaTVにて『椎名ぴかりんのヤッてみるニュース』が放送された。同番組は、椎名ぴかりんとお笑いコンビ麒麟の川島明が「そのニュース、やってみよう!」をコンセプトに、自らが体験者となるニュースバラエティ番組。今回はアシスタントのヤッてみる隊にお笑いコンビ・なすなかにしの中西茂樹、那須晃行が登場した。

 政治・芸能・経済など様々なニュースに対し、ぴかりんが持論を語る『ぴかりんの甘噛みニュ~ス』のコーナーでは、「乃木坂46 橋本奈々未 弟の学費めどで引退」というニュースがピックアップ。

 ぴかりんは、「すげぇいいはなシーサー」「こんなお姉ちゃんほしい」と言いながら、「ぴかりんだったら、お金稼ぐためだったら、夜の仕事に行くよ」とコメント。「お金稼ぐ為だけにアイドルできるならキャバ嬢もできるよね?」と言うぴかりんに対して川島は「それは問題発言ですよ!」と思わず突っ込みをいれた。


 続いて「いじめ認知、過去最多22万人」というニュースに対して、ぴかりんは「減るよりいいと思う。減っていたとしても、どこかにあると思う。」「それなら50万人とかにして盛って、いろんな人に動いてもらう(方がいいと思う)」と持論を展開。

 川島から「学生時代はどうでしたか?」と聞かれると、ぴかりんは「学生ですか?」と苦笑いし、「先生をいじめていたんですよ」と暴露。「尖ったナイフのような感じで、切れたナイフのような感じで、すごくいろんなことが嫌だったんですよ。一人で荒れていたから…」と語った。川島が「先生にいじめってどういうこと?それっていじめになってんの?」と疑問をぶつけると、「給食にチョークいれたりとか…」と話すぴかりん。「陰湿なことやってんなぁ」と言われると笑いながらも「でも今感謝しているの!」と主張。「不良たちに言いたい!今君がうざいと思っている先生は、一番君のことを考えてくれてる人なんだよ」「そのとき楽だなと思っていた先生は、どうでもいいと思っていたの」と訴えた。


 ぴかりんがいじめていたという先生について「すごい信じてくれていたんです。ひかりのことを」と語り、「一つ謝りたいことがある」とのこと。「あることで、椎名は絶対やってないって言ってくれたの。たしか、窓ガラス割ったの。ひかりがね」とエピソードを披露した。


 川島が「大人になっても会っていますか?」と聞くと「全然会ってない」とのこと。これには川島も「これは大人になってすいませんでしたって謝るロケ行くべきですよ、『AbemaTV』で」とロケを提案。


 ぴかりんが他にも学生時代のいたずらを告白すると、なすなかにしの2人も「一回大人が真剣に怒るというのはどうでしょう」とコメント。しかし、ぴかりんは「でも悪いことしたら絶対自分に返ってくるから!」と主張していた。



『椎名ぴかりんのヤッてみるニュース』は毎週金曜21:00~22:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000