百田夏菜子、『べっぴんさん』での演技が話題に 「目の演技がリアル」

 NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で、ヒロイン・すみれ(芳根京子)の女学校時代の親友の良子役を演じているももいろクローバーZ・百田夏菜子の演技力が話題になっている。

ももいろクローバーZ百田夏菜子オフィシャルブログ「でこちゃん日記」より


 ももクロの活動では明るく元気いっぱいな印象の百田。しかし、今回演じている良子は少し複雑だ。裁縫が得意な良子はすみれに誘われ、子供服屋「ベビーショップあさや」創業メンバーになるも、すぐに戦地から夫が帰還。家庭に入るため仕事を辞めることを宣言する。しかし、それは建前で、本当の理由は接客が苦手だったから。一人で店番をしている際、「接客態度が悪い」と客にとがめられてしまったのだ。そのことを見抜いた元看護婦の創業メンバー・明美との折り合いも悪く、ますます意固地になってしまう…という、人間らしいネガティブな部分をも持っている。


 百田はこの明るいだけではない、複雑な役柄を見事に演じきっている。Twitter上では「良子めっちゃイライラする」などと、視聴者も入り込んでいると思われるコメントが多く見られ、接客中に客に詰め寄られるシーンについては「接客に対して全くの自信のなさが表情に出てる」「相手の目を見れなくて目が泳ぐところとかリアル」「目を見て話せてない」など、目の演技に注目するものも見られた。


 またドラマ自体も「このドラマは人のダメな部分を描くのが上手い」などとリアルな人物描写が好評。果たして良子は「ベビーショップあさや」に戻ることはあるのか。今後の展開と百田の女優としての活躍に注目だ。



▶︎ももクロ出演中の番組をチェック!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000