PPAPは予言されていた? 「古坂大魔王的リズムネタ考察」

 動画サイトを通じて世界各国のユーザーに知られ、瞬く間に大ブレイクを果たすこととなったピコ太郎によるリズムネタ「PPAP」。そうした中、かねてよりピコ太郎と同一人物説が噂される芸人・古坂大魔王が、1年以上前に投稿したブログ記事の内容が、ネット上のユーザーの間で大きな注目を集めている。

古坂大魔王オフィシャルブログ『古坂大魔王のブログんだい魔くん!』より


 これは古坂が自身の公式ブログ『古坂大魔王のブログんだい魔くん!』に投稿した昨年3月19日付の『古坂大魔王的リズムネタ考察(長文注意!)』という記事のことで、この中で古坂は、「ここんところ、何かと話題のリズムネタ。「それの何が面白いの?」って人が多すぎる。古くは牧伸二さんやドリフターズ、同時期ならテツトモや小島よしおくんや藤崎マーケット。最近ならオリラジや今話題のラッスンやクマムシ…」と、当時ブレイクしていた8.6秒バズーカーのリズムネタ『ラッスンゴレライ』を意識してなのか、リズムネタについて語りはじめると、「リズムネタを僕なりに考えてみた事をまとめます」とし、まず、リズム ネタというものは、「ミュージカルが肌に合わない人に多い」ことや、「オチを知った上でネタを見ることが多い」ことなどが「「つまんねーよ!!」ってなってしまいやすい人が多い原因」と、アンチ派が生まれやすい背景について分析。


 その後、「これは個人的なリズムネタへの考え方ね」とした上で、「まず、今回のリズムネタがとても「動画サイズ」にアジャストしてる。俺も最初見た時はiPhoneサイズで見た。面白く気持ちよかった。このサイズだと「誰が?」やってるかは分かりづらいが「こんなキャラのような人」が「どんなリズムや歌」をやってるのかはわかる!」と、スマフォでの動画視聴時代だからこそ、こうしたリズムネタのブレイクする要因が隠されている可能性について言及しつつ、それがテレビや劇場のステージなど、別のフィールドでの披露となった場合に、「大きな画面や「目の前」で見て面白い!となるかと言えば別!!何個かの必要な条件が入ってくる。これが難しい!」と、逆にその性質ゆえ の難しさについても指摘。最終的には「信頼と芸」が必要であると、「リズムネタ」について徹底的に掘り下げる形となった。


 そして、こうした自身の考察を綴った上で古坂は、「…実は俺も…ある計画を練ってまして。ここまで書いたくせに…そんなのとは全く違うじゃん!!って思われるかもだけど…あの、単独でもやったキャラ…本格的に始動しようとしてます!!本気出します!!皆様お楽しみに!!」と、なんとも意味深な言葉が。仮に“古坂=ピコ太郎が同一人物”だとすれば、既にこの頃からピコ太郎の構想が存在していたことを暗示する内容ということもあって、はからずも時間差で多くのユーザーからの注目を集めることに。


 無論、現時点において古坂自身が「自分がピコ太郎です」と明言していない以上、推測の域を出ない話ではあるが、その知名度とは裏腹に諸説飛び交うほどに謎めいた存在であるピコ太郎だけに、そのファンにとっては、同一人物説の囁かれる古坂の言葉は、なんとも興味深いものであると言えそうだ。


『古坂大魔王&永尾まりやのカツアゲ!』は毎週21:00〜22:00AbemaSPECIALチャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000