日清食品、渋谷駅の山手線ホームど真ん中に衝撃 業界初カレーショップをオープン

 昨日、ハロウィンで大騒ぎとなった渋谷に日清食品が2日、驚くべきカレーショップをオープンさせる。業界初というカレーショップがオープンしたのは渋谷駅の山手線のまさにホームど真ん中、その名も「DRIP CURRYMESHI TOKYO」だ。

 おしゃれなコーヒーショップのような店内で食べることができるのは発売から3年を迎えたカレーメシ。通常お湯をかけて調理するこのカレーメシに、このショップでは意外なものを使う。それは「コーヒー器具」だ。コーヒーのようにドリップしてカレーメシを調理するという。


 その味付けはアップル紅茶、ガーリック、鰹節、メープルシュガー、そしてコーヒーなどさまざま。


 試食に訪れた人はビーフ味のカレーにガーリックを加えたものを試食していたが、「鼻に抜けていくガーリックのいい香りがしてパクパク食べたくなる」と答えた。


 日清食品マーケティング部第6グループの・和田智佳さんは「カレーメシが8月から湯かけ調理に変わりまして。(それまではレンジ調理)この湯かけのカレーメシだからこそできることはないかな、と思ってドリップカレーに挑戦した」とコメント。


 カレーメシの新しい味を体験しに行ってみてはいかがだろうか。


 (C)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000