豊洲市場「盛り土問題」責任者は重要役職8名 小池知事、内部調査を報告

 東京都の豊洲市場(江東区)の主要な建物の下に盛り土がされていなかった問題で、小池百合子知事は1日、会見を開き、盛り土がされないことが実質的に決定した時期を2010年11月〜12年5月とする報告をした。また、この期間に重要役職に就いていた8名が「盛り土をしないことを知りうる立場にあった」と結論付けた。


 小池知事は、同日の発表で、地下空間が作られた経緯について改めて説明。報告では、東京都は2009年時点では敷地全体に盛り土を行う方針を決定していた。だが、2011年8月の部課長級の会議で地下空間を作ることが実質的に決められたという。


 この時期に市場長を務めた2名(OB1名、現職1名)と当時の部長級の職員6名(OB3名、現職3名)の合計8名が盛り土をしないことを決めた実務上の決定者、また事実を知り得る立場にあった者と結論づけた。


 最後に「このような問題につきましては今後再び起こらないようにするためにも、改めて職員の一人ひとりにより責任を持って都民ファーストの基本を忘れることなく、しっかりと一つ一つのことを丁寧にかつわかるように進めていくようにしていきたい」と述べた。


(C)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000