「ニットでヤらせてください!」ケンコバ、美人気象予報士に押し付ける

1日に放送されたAbemaTVの報道番組『AbemaPrime』内のコーナー「コレ来る?ガジェット」では、これから流行る可能性のある最新ガジェットを紹介する。

このコーナーを担当するのは元NMB48の山田菜々、美人気象予報士・穂川果音、番組アシスタントMC・菊池友里恵の3人。彼女たちが今回紹介するのは大きな電球型のガジェット。

これを青い紙の上に置いて揉むと青い光が発せられた。そして、赤い紙の上に置くと今度は赤くなる。このガジェットは、センサーが読み取った色を再現する「COLOR UP」と言う商品で、メーカーはPegatron Corp.で、販売元はライテック。

スタジオではかわるがわる様々なものにくっつけて色の変化を楽しんだが、雑誌の上に置こうが、壁につけようがどれもその下地となる色と同様のものに。MCのケンドーコバヤシは「すげー!」と仰天。

山田によると、COLOR UPが発色できる色の数は1600万色で、認識した色を再現できる。サーモンピンクの微妙な色でも再現できた。山田は「シリコン素材なので軽量で割れる心配もありません。ぜひあなたもカラーアップでお部屋をお気に入りの色に染めてください」と説明。

続いて3人が「私たちをケンコバさん色に染めてください!」と一斉に言うとケンドーコバヤシはニヤニヤ笑いながら穂川の元へ駆け寄り、「ニットでヤらせてください!ウヒヒヒヒ」とCOLOR UPを穂川の紫のニットセーターに押し付ける。

なお、COLOR UPは皮膚に押し付けても皮膚の色を反映したが、ケンドーコバヤシは自分自身で試したところ、予想外に明るい色となり「僕、赤ちゃんみたいな肌やん! これ、初めてほしいと思った!」と叫び、普段同コーナーで紹介するガジェットの中でようやく欲しいものが登場したようだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000