DISH//RYUJI「お前のこと食べていい?」発言に、たんぽぽ川村も大興奮

 10月31日、『恋をちょっぴり忘れたあなたに』(AbemaTV)が生放送された。同番組は、イケメンダンスロックバンドDISH//のメンバーとイケメン読者モデルたちが「イケメンたちの考えや感性」を赤裸々に伝えながら、視聴者のコメントをふんだんに取り入れ、オンナ心のわかる“「イイ男」を目指そう!”というテーマの恋愛トーク番組。番組最後には、今回の放送で最も良かったと思うイイ男「イケちょぴ」を発表するのが定番となっている。

 今回はお笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコがMCを務め、ハロウィン当日特別放送として、DISH//のRYUJI、To-i、読者モデルの時人、俳優の神永圭佑の4人が仮装をして登場。


 最初のアピールタイムでは、神永は「今から時間あるかな…じゃあ、かぼちゃの馬車に乗って私のところへおいで」と王子様になる姿を見せた。To-iは「俺みんなでワーワーするのが苦手だから、この後飲み直そうよ、ふたりで」と女子を呼び出すシチュエーションを披露。RYUJIは「ちょっと疲れたね大丈夫足?てかさ、お前のこと食べていい?」と怪人仮装に因んだ発言をした。時人は「今日、にんにくは食べた?…食べてないか。じゃあさ、チューして?」とドラキュラをテーマにしたデートでのセリフを披露しました。それぞれの紹介が終わると、視聴者からは「みんなかっこいい!」「食べられたい」などと、いつも以上に興奮した様子のコメントが殺到した。

 次のコーナー「恋ちょぴ男子会!!」では、恋愛にまつわるあるテーマについてディスカッション。今回のテーマは「ハロウィンパーティーで気になる女の子と急接近する方法」。To-iはペアのキャラクターの仮装で「あ!これカップルみたいだね!」と話しかけ、一緒に写真を撮るというシチュエーションを披露。RYUJIは当日の待ち合わせで仮装を初めて見たというシチュエーションで「お前そんな派手なメイクしなくても、かわいいから十分目立つよ」というセリフを披露。川村も「今の良い!」と興奮した様子だった。


 甲乙つけがたいイケメンっぷりだったが、最終的に「イケちょぴ」はTo-iに。番組の最後にはそれぞれが女の子にやって欲しいコスプレについて語り、時人は「ガムテープ」、神永は「黒の網タイツで女医」、To-iは「ゾンビナース」、RYUJIは「ミニスカポリス」とそれぞれ発表。4人は「今日の放送も楽しかった」と話し、大満足な様子で番組を締めくくりました。


(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000