元19・岡平健治 体内年齢はまさかの19歳 「自走」ツアーで日本縦断

  1日放送のAbemaTV『芸能(秘)チャンネル』に、元フォークデュオ「19」の岡平健治(37)と、ソロアーティストのmasahiro(28)が出演。2人は11月6日に横浜ベイホールでライブ「横浜音祭り2016 KENJI FOLKY FES」をおこなうが、masahiroはもともと岡平に影響されて音楽を始めたといい、共演は夢のようだと語る。

 そんな岡平は、今や年商2億円の経営者という一面ももっている。いわく、「音楽だけでは食っていけないかと思って、防衛のために。でも攻めすぎちゃったかな?(笑)やっているのは音楽という軸はブレずに、ミュージックバーの不動産とかライブハウス経営とか」とのこと。


 その一方で、自ら運転し、行き当たりばったりで“自走ツアー”もしているという。「寝ているときに、見つけたファンが窓をコンコンってすることも。そういう時はサイン書いてあげたりとかします。そういう珍道中で、今年は1万100キロくらい、半年くらいかけて小樽から那覇まで行きました」と語った。


 そのツアーから、今回の11月6日のフェスに照準をしぼって体も作り込んできたという岡平は、「タニタで体内年齢を計ったら、19歳だったんです。ウソかと思って15回くらい計ったけど、やっぱり19歳だった」と奇跡的な数字を報告。


 またmasahiroは、毎月新曲リリースを出しているところ。「結構たいへんで。常に曲を出していこうということになって、自分でレコーディングしてリリースして。できるときは5分や10分でできるときもあれば、半年以上かかるときもあります」とのことで、「まだ始まって2ケ月くらいなんですけど、毎月追われている感じです」といいつつ、充実感ものぞかせた。

 スタジオでは19の「以心伝心」を披露。ほとんど打ち合わせなしで臨んだというが息はピッタリで、「もう兄弟みたい」と岡平。プライベートでも仲はよく、一緒にWiiをやったりゴルフの打ちっぱなしに行ったりしているとのことだ。


(C)AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中  


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000