V6森田剛×宮沢りえの交際は「本人にまかせています」 この言葉の意味とは

 「週刊新潮」、「女性自身」が、V6の森田剛(37)と女優・宮沢りえ(43)との熱愛を報じ、また両事務所とも「本人に一任」としているという。

 このことについて、1日放送のAbemaTV『芸能(秘)チャンネル』では、ジャニオタとして知られる駒井千佳子(51)リポーターが解説した。


「目撃情報が9月末から相次いでいて、沖縄でも堂々と那覇市内でデートしていたようなんです。新潮がとったのも、そういう目撃情報からハリコミを始めたようなんです。

ちなみに、ジャニーズ事務所が『本人にまかせています』としていますが、これはV6とTOKIOについては珍しいことではありません。私が知る限りでは、遡っては2008年の岡田准一さんと蒼井優ちゃんの熱愛時のとき。そのときは非常に珍しいと思ったんですが、この『本人にまかせています』というのは思いっきり『肯定』なんです。アイドルの事務所からは、『おつきあいしています』っていう(直接的な)言葉はそうそう出ません。

スルーしたときは『否定できない』ということ、『仲の良い友達』はどっちにも転べるから微妙。『交際の事実はありません』という場合は、完全に否定と受け取って良いと思います」


 なお、森田と宮沢は22日の夜代官山TSUTAYAからのお泊り、24日に那覇行きと“熱愛イベント”が続いているが、駒井氏によると「これからまだまだ続く」とのことだ。


(C)AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中  



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000