ダルビッシュとの入籍を匂わしていた山本聖子のTwitter 芸能リポーター指摘

 レンジャーズ・ダルビッシュ有投手(30)が、元レスリング世界王者の山本聖子(36)と入籍していたことが報じられ、1日放送のAbemaTV『芸能(秘)チャンネル』では、芸能リポーターの駒井千佳子氏(51)が、ダルビッシュと親交のある井上公造氏(59)から電話でコメントを聞き出した。

 ダルビッシュから「新聞に載ったんですけど…」として、直接メールをもらったという井上氏。律儀に連絡をくれるダルビッシュについて、井上氏は、「婚姻届を提出したのは今年8月16日、30歳の誕生日。繊細な人で細やかですよ。聖子さんとお子さんとも会いましたが、そのときも(ダルビッシュは)聖子さんと前のご主人の子供もすごくかわいがっていました。シャイで人見知りするほうなんです。だから最初はとっつきにくいと感じるかもしれないけど、親しくなると相当マメだし優しい人ですよ」とコメント。

 また芸能リポーターの駒井氏は、ある時から山本聖子のTwitterの名前表記が「Seiko Darvish(@seiko63)」と、“ダルビッシュ”になっていたことに言及。「しかもTwitterで堂々とパパ、ママって呼び合ってるんです。なのでああ、これはもう家族なんだなと」と、うっすら気がついていたことをにおわせつつ、ファミリーを祝福した。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000