辻&杉浦家 長男の神童ぶりが話題に ノールックで日本地図を描く

 人気タレント・杉浦太陽の長男・青空(せいあ)君が垣間見せる“神童”ぶりが、ネット上のユーザーの間で注目を集めて話題となっている。

(画像は杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ食べたいよう』より)


 現在、杉浦とその妻である元・モーニング娘。のメンバー・辻希美夫妻には、長女・希空(のあ)ちゃん、長男・青空(せいあ)君、次男・昊空(そら)君の3人の子供たちがいるが、最近になってとりわけ注目を集めているのは、長男の青空君。

(画像は杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ食べたいよう』より)


 たとえば10月5月付で更新された『子どもの記憶力!』という記事では、3姉弟が日本地図を象った地図パズルに興じている姿を杉浦が紹介。青空君が希空ちゃんや昊空に「ここが兵庫県で、ここが千葉県それでここが鹿児島県で」と説明しながら遊んでいたようで、杉浦曰く「ちゃんと場所や県の形で、都道府県の位置を把握してる」とのこと。日本地図について強い関心を持っている様子を紹介していたが、その約一週間後に投稿された『ノールック日本地図』という記事では、「見本も見ないで、上手に描けるようにっ」「ノールック日本地図です 好きな事は覚えるのが早いっ」と、早くも日本地図をほぼ暗記している状態にまで成長していることが判明、その早すぎる成長ぶりでファンを驚かせることに。

(画像は杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ食べたいよう』より)


 そして10月18日付に更新された『世界地図まで!』という記事では、日本地図を“卒業”したのか、今度は世界地図まで描くように。これにはパパである杉浦も「国の位置まで把握しとる 子どもの記憶力、ハンパないねっ」と驚いた様子。ネット上のファンの間でも、その神童ぶりが注目を集めることとなった。

(画像は杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ食べたいよう』より)


 10月26日の記事では、実際の地図を細かく観察しては描き、描いては確認するという行為を繰り返すという、自分なりの学習方法を身につけ、それを地道に続けることで、より精度の高い世界地図を描けるようになりつつあることも明らかとなった青空君。その天才ぶりに、当の杉浦夫妻のみならず、これか らも多くの大人たちからの熱視線が注がれそうだ。

(画像は杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ食べたいよう』より)



杉浦太陽も出演中!『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000