女性にとって「男の人と喋ることはだいたい接待」 美人カジノディーラーが語る「ない男」

 10月28日にAbemaTVで放送されたウーマンラッシュアワーの村本大輔がMCを務める『恋のポイント村本くん#2』が放送され素人美女たちが激論を繰り広げた。同番組は “恋の猛者”である素人美女たちによる「赤裸々恋愛エピソード」を村本が採点する恋愛トークバラエティ。村本がグッときたトークを披露した女性には、 “恋の座布団”がプレゼントされるという笑点スタイルの要素を用いた番組である。

 この日のトークテーマは「この男ないなと思った事」。これに対して「私は、真剣な話なんですけど」と前置きしトークをスタートさせたのは美人カジノディーラーの大沢真理恵さん。大澤さんが「この男ないなと思った事」は「女が話す愚痴とかに説教をしてくる男」とのこと。


 村本が「説教ってどういうこと?」と問うと「付き合ってた彼氏で、私が仕事とかで嫌な目にあったときとか理不尽なことをさえれたときに、今日はこういうことがあって、この人がこういうことを言ってとか言ったら『それはなになにさんにも都合があったんだよ』と言ってきたり『こうしたほうがよかったんじゃない?』って上から言ってくる男はすごい嫌だなと思います」と具体例を明かし「そんなんわかってるわ。それを踏まえたうえで付き合ってるから、辛いことがあって聞いて欲しいんだよってことで話してるのに」と心の打ちを告白した。


 続けて大沢さんは「男の人も彼女に言ってるんですよ。そういうときに女は接待してるの。わかる~みたいな。女にとって男の人と喋ることはだいたい接待なんですよ」と男性の愚痴を聞いているときの女性の心理を語ると、村本は「怖くなってきた」と恐怖をあらわにするも、そのほかの素人美女たちは「わかる~」と共感した。

 結局、男性のどんな対応が理想なのかというと「う~ん」「あ~ね」「そうなんだ」「大変だね」「マジか」と相槌を打ってくれるだけが1番気持ちよく話が進むのであると大学生のみやさんがまとめると、共演者たちも納得した様子。 たとえ顔面偏差値が低くても相談に乗るのが上手な男性は女性を落とせるという結論に達し、大沢さんは座布団を2枚ゲットした。  


(c)AbemaTV


『恋のポイント村本くん』は毎週木曜22:00〜23:00「AbemaSPECIAL2チャンネル」で放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000