高樹沙耶容疑者が大麻所持の容疑で逮捕 元麻薬取締官「医療用大麻も大麻の一つでしかない」

女優・高樹沙耶容疑者が10月25日に大麻取締法違反(所持)で逮捕された。一緒に住んでいる男2人も逮捕された。沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻 約55グラムと吸引用のパイプが発見されている。高樹容疑者は今年7月の参議院選挙に新党改革から出馬。その際は「医療用大麻解禁」を訴えていた。その頃、放送された『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)にも生出演し、大麻の有用性について主張を展開していた。

「天然の生薬でございますので、(選挙公約に掲げたことで)皆様に知っていただいたのは大きい。なぜ、ここまでして拒絶するのかが理解できない」(高樹容疑者)

29日に放送された同番組ではこの件についてコーナーを設けた。7月に放送した番組で高樹容疑者とバトルを繰り広げた元厚労省 麻薬取締官(マトリ)の高濱良次氏によると、今回の55gという量は、100回以上吸引できる量で、しかも高樹容疑者が所有していたのは幻覚作用の強い花部分だったという。なお、高樹容疑者は「私のものではない」と否定している。高濱氏によると、大麻を使うとより強力な覚せい剤に移行してしまうことが多く、それも問題だという。さらに、こう続けた。

「前回話した時、(高樹容疑者は)大麻をやってる雰囲気はなかった。大麻解禁論者の中には逮捕されるケースがあるんです。一瞬、『この人は……』っていう思いはかすめました。ただし、強行な大麻解禁論者だとは思いました。大麻は1回0.5gぐらい使いますので、今回の50数グラムは100回分ぐらい。手に入れるには、栽培するか外国からの密輸でしょう。彼女の場合、花と穂の大麻成分が一番多い部分を持っていました。これは幻覚作用が強い。茎とか種は効果がないので、大麻に詳しい人はのけてしまいます。彼女は、必要ない部分を除いていますね。密輸したか栽培したかはまだわからないですが、成分を分析してデータを収集すれば、どこで生産されたかなども分かります」

また、高樹容疑者は所持を否認しているが、これについては今後どんな展開を見せるのか。

「今は否定していても、証拠を突き付けられたら認めるものです。今回は、男だけが認めている。でも、パイプから指紋を取られますし、(唾液等で)パイプのDNA鑑定をすれば、一目瞭然です。そういうのをやれば誰のものかわかります」(高濱氏)

◆アメリカでは25の州で医療用大麻を合法化

高濱氏は、大麻は一般的には吸うものだが、アメリカ人の中にはケーキの中に入れたりする人もいると説明。それよって幻覚作用を得る。大麻は覚せい剤とは異なり鎮静作用があり静かになる。だが、過量摂取をすると不安や幻覚幻聴や鬱の状態になる。精神的毒性は覚せい剤やコカインよりも弱いが、身体的には問題があるという。

高樹容疑者はあくまでも「医療用大麻解禁」を訴えていたが、これは「大麻」とは何が違うのか。現在アメリカでは25の州が医療用大麻を合法化している。とある病院では、大麻の花だけで毎日40種類ぐらい用意している。

医療用大麻を処方するデニス・ドレイジン医師はVTRで出演し、「進行を止めるかもしれないが、はっきりしたことは分からないです。苦しみを和らげるもの。一人の症状を緩和したからといい、万人に効くかはわからない」と語っていた。なお、日本の厚労省は「有効性が実証されていないのに合法化はできない」と説明している。

こうした状況はあるものの、高濱氏が解禁反対の理由は何なのか。それは、厚労省の調査で、がんの進行を抑えるや緩和するというデータがないというのが一つ。むしろ、薬害を及ぼすのみということで、厚労省が禁止しているわけだ。そして、精神的な中毒をもたらし、最悪のケースで「大麻精神病」を患うこともある。

「『医療用』というのは定義の中ではいいますが、医療に転用してるだけで大麻そのものでしかないんです。医療に転嫁させているだけで、大麻は大麻なんです。がんの特効薬としてのデータがない。だから禁止しているのですね。研究はしているので、データがあれば認めますよ。厚労省は薬の認可をするところであり、効果・副作用を調べています。厚労省は医療として認める気はないってことです。大麻を吸うことにより、より強い刺激を求め、覚せい剤、コカインに移行する。危険ドラッグ、シンナーと同様に『ゲートウェイドラッグ』なんです」(高濱氏)

番組コメンテーターのお笑いタレント・たかまつななが、身体的な効果はさておき、精神的に元気が出るなど、がんの緩和ケアデータの有無を高濱氏に聞くと、データはないとのこと。WHO(世界保健機関)も禁止しており、大麻とその関連製品は、医療への使用には向かないと言い切り、社会的、精神的にも危険な薬物と捉えているという。

医療用と嗜好用の違いについて、高濱氏は「医療の名を借りた、大麻の使用です。厳密には医療用は存在しない。全部大麻は大麻なんですよ」と「医療用」という言葉自体に違和感があると述べた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000