高校生ラップ選手権のスターチーム「team 1997」が、サ上・崇勲「ずんぐりむっくりーず」と激突【フリースタイルダンジョン】

 フリースタイルダンジョン、シーズン3/REC1-4。前回の放送で快進撃を進めた「チーム411」に続いて登場するのは「チーム1997」。

 チーム名通り、1997年生まれ、つまり10代で構成されたこのチームは、EINSHTEIN/R’kuma/裂固の三人で結成。3人共に「BAZOOKA!!高校生RAP選手権」の出場者であり、裂固はその中でも第9回大会で優勝するなど、高ラ選出場者の中でも実力派が揃ったチームだ。


 まずチャレンジャーに設定されたバトル形式は「2on2」。チャレンジャー側からはEINSHTEIN/R’kumaが登壇し、対して登場するモンスターはサイプレス上野×隠れモンスターの崇勲。「MONSTARS WAR」では押忍マンを加え「ずんぐりむっくりーず」を構成していた2人。その戦いでもエンターテイメント性の高いアプローチを展開していたこの2人だが、先攻でもいきなりサ上が、前回放送でダースレイダーに崇勲が負けた事を引き合いに出し、「何負けてんだよ!けどよ一回の負け気にすんな/ガンバレガンバレ崇勲」という謎のエールを送れば、崇勲も「ガンバレガンバレ俺!」という謎の自己エールを送り、会場は笑いに包まれる。


 一方でチャレンジャー側は、「与える殺しのフルコースで突き刺す」など、いわゆるバトルっ気の強い言葉でモンスターチームに返す。しかし「まともに向き合う気はありませ~ん」とのれんに腕押しなスタイルで返したモンスターチームがまずは先勝。ラウンド2でも「いいよなイケメンはさ/モテるんだろうな/高校生RAPとか出てさぁ」と嫉みを繰り出し、「1997?『1993恋した』みたいな名前つけてんじゃねえよ」という、年の出るラップを繰り出す崇勲。それに対して「さすがに8000人の前に立ってこの顔面2人じゃ完全にお前よりもモテる」という、「高ラ選」の武道館大会を引き合いに出したラインを出すR’kuma。結果はチャレンジャー・チームの勝利。


 最終決戦となるラウンド3も、いわゆる現行のバトル・スタイルともいえる攻撃性の高いリリックを打ち込むチャレンジャー・チームと、相手の話をどう受けてどう返すかという受けの美学的なアプローチを見せるモンスターチームという、これまでのコントラストが強く押し出された勝負となったが、結果はクリティカルで「チーム1997」の勝利。


 続いてのバトルは「1on1」システムで、チャレンジャーは裂固、モンスターはT-PABLOWという「高ラ選」の優勝者同士のバトルが行われる事がアナウンスされた所で今回の放送が終了。次回が待ち遠しい!


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000