スタバ新形態「ロースタリー」2018年に中目黒に誕生 建築は隈研吾

 スターバックスコーヒーが2018年に新しいスタイルの店舗を東京にオープンすることを発表した。果たしてどんなお店なのか。

 先週20日、スターバックス・コーポレーションのCEO、ハワード・シュルツが来日。新店舗の内容を明らかにした。新しい店舗は東京の中目黒に出店する予定で、広さ1200平米の大型店舗をオープンするという。

 新スタイルの店舗では、コーヒー豆の焙煎の様子を目の前で見ることができたり、貴重な豆を使ったコーヒーを自分の好みの淹れ方でコーヒーを楽しんだり、まさに新形態の店舗となっている。すでにシアトルでは、この新スタイルの店舗をオープンさせており、日本の店舗は上海、ニューヨークに続く、4店舗目となる。


 「スターバックス リザーブ ロースタリー 中目黒店(仮)」のオープン時期は2018年12月を予定しており、「コーヒーを五感で楽しめる体験型店舗」だという。店舗の設計は新国立競技場の設計も担当した隈 研吾氏だ。

(隈 研吾氏が設計した福岡の太宰府天満宮表参道店/写真提供:スターバックスコーヒー・ジャパン)


 隈 研吾氏は、福岡にあるスターバックスコーヒーの太宰府天満宮表参道店の設計にも携わっている。太宰府天満宮表参道店は和のイメージで木組みの構造になっており、外から見ても分かる美しい構造だ。

 新しいスタイルでオープンする店舗ではどのような設計になるのか、2年後が楽しみだ。


(C)AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000