ドランク鈴木、若手芸人を心配 「ショーレースで優勝しても売れるのは難しい」

 10月26日(水)にAbemaTVで放送されたお笑いコンビ・FUJIWARA藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと#4』にて、藤本とドランクドラゴンが今の若手芸人について語った。

 同番組は、「もし藤本が明日芸能界から干されてしまったら…」というテーマのもと展開されるバラエティ番組。藤本が万が一、不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことをリクエストする。今回は、MCをニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政が務め、お願いをリクエストするゲストとしてドランクドラゴンの塚地武雅と鈴木拓が登場。


 「若者の流行に乗りたい」「ダンクシュートを決めたい!」などのリクエストを叶えていき、8つ目に鈴木がリクエストしたお題が「フジモンと今どきの若手について語りたい」というもの。


 藤本が「今の若手ってテレビとか見本がたくさんあるやん。完成されてるよな」と若手についての印象を語ると、鈴木と塚地は「ネタ面白いです」「登場するや否や元気ですもんね」と続けた。一方、藤本自身が若手のときには「俺らは緊張とかでとりあえず、大きな声を出して勢いだけでなんとかみたいなところあったから。今ちゃんとしてるからビックリ」と明かし、塚地は「(今の若手は)MCとかに対してもちょっと待ってくださいよっていくからね、すごいなって思う」と若手について絶賛した。


 さらに話はどうしたら売れるかについて発展。藤本が「キングオブコント優勝しても売れへんもんな。もう一個なにか乗っからないと売れへんもんな」と語ると、鈴木は「最近大会の意味なくなってきてますもんね」と思いをぶっちゃけた。この鈴木の発言に対してニューヨークの屋敷が「一回止めていいですか?さすがにやばかったです」と場を取り繕うとするも鈴木は「だって売れないんだもん、みんな」と大声で意見。


 結局今の若手のことについては「お手本とかあるかもしれへんけど、逆にかわいそうやな。俺らが今の時期に出て来たらこんなに仕事とかもらえてなかったと思うねん」と藤本。

 しかし同情をする一方で「8.6秒バズーカーと喋ったとき、田中シングル、自分の持ってるペットボトル、首にはさみながら俺と話すんやで。できる?20年以上先輩と首にペットボトル挟んで話すんやで」と藤本は若手芸人との信じられないエピソードを暴露。


 最後に藤本が鈴木に対して「(最近の若手について)お前はどう思ってるの?」と問うと「周りの人が売れてないから、そのまんまでいいやという気持ちが強い。人力舎の若手ぜんぜん育ってないですよ。誰もいかないから俺らはこれでいいよなって、いかないやつばっかりなんですよね」と自身の事務所の状況について明かした。 


(c)AbemaTV



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000