高樹沙耶容疑者 東日本大震災での原発事故きっかけで石垣島移住

 元女優の高樹沙耶容疑者(53)が25日、沖縄県石垣島の自宅にて、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称「マトリ」)に大麻所持容疑で現行犯逮捕された。7月の参院選に出馬した際は「医療用大麻の合法化」を訴え、ブログやTwitterでも大麻関連の発信は多かったため、芸能リポーターのあべかすみ(57)氏は「予想できた部分はある」とする。


 26日放送のAbemaTV『芸能(秘)チャンネル』では、スポーツ報知の高橋誠司氏に生電話。さまざまな話を聞いた。


――(高樹容疑者が)沖縄(石垣島)に行った理由はなんだったのでしょうか? 


高橋氏:もともと自然派志向で千葉の房総にいたんですが、東日本大震災で原発事故があってから、沖縄のほうに行ったという話ですね。2011年10月から事務所もやめて民宿を経営しています。 


――同居人は(大麻の使用を)認めているとのことですが、高樹容疑者は… 


高橋氏:あくまでも「自分のものではない」と否認しているようです。


――(高樹容疑者は)“大麻を栽培していたんじゃないの?”という見方も。


高橋氏:いろんな植物、果物なんかも植えて、自給自足をアピールしていたので、もしかしたら大麻の栽培もしていたかも…とは思いますね。


――(石垣島の)自宅は、周りには何もないようなところですね?


高橋氏:石垣島のなかでも何もない、真っ暗なところというのは聞いていますね。


――ご近所づきあいはどうったのでしょうか?


高橋氏:突然来られて、民宿を経営したりと、地元の人(にとって)は“何をしているんだろう”と不信感も(当初は)あったようですが、最近は交流も図って(打ち解けて)いた。そんな矢先のことだったようですね。


――同居人(男性4人)については。


高橋氏:(そのうち男性2人は逮捕され、)逮捕されていない2人がどういう関わりだったのかについては、これから慎重に調べられるのではないでしょうか。


――奇妙ですよね…?


高橋氏:そうですね。どういう接点というかどういう集まりだったのかについては不可解です。


――今回、5局のマトリによる合同捜査本部が内偵を進め、逮捕に踏み込んだと。その時の体制として、捜査員30人。これはかなり大きな規模ですよね?


高橋氏:そうですね。通常では考えられないほど(の規模)と聞いています。マトリの方も相当前から準備していたと。(高樹容疑者は)あれだけ日常から大麻を礼賛するような発信もしていたので、相当前からマークして証拠としてこれをとったら行ける、というようなことを考えながら逮捕に至ったのかなと思いますね。


 あべ氏は、高樹容疑者について「なんでものめり込むタイプの女性だという話。真面目で、(今回は特に)“信じ込んで”しまっている。それがこういう結果を招いたのかなと思います」と分析した。


(c)AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000