2億杯を突破 ローソンのカフェラテの美味しさの秘密

 もはや定番となったコンビニコーヒー。ローソン・MACHI caféのカフェラテも2億7344万杯(※1)を突破。実はローソンはカフェラテに力を入れていたことをご存知だろうか。今回はローソンのカフェラテの美味しさの秘密を紹介する。


(※1)2013年6月〜2016年8月のカフェラテ(M)(L)アイスカフェラテ合計の累計販売数

1. イタリア製のエスプレッソマシーンを使用

 ローソンではエスプレッソの本場、イタリアのコーヒーマシーンを導入。挽きたての豆に高い圧力をかけて一気に淹れるエスプレッソ抽出を採用しており、豆本来の旨みを引き出している。


2.  ブレンドコーヒーとは違う豆を使用

 徹底的にミルクに合うコーヒー豆を研究し、ブレンドコーヒーと違う豆をたっぷり使用。さらに、レインフォレスト・アライアンス認証(※2)を取得している農園で作られたコーヒー豆だけを使用し、自然に優しいコーヒーとなっている。


(※2)レインフォレスト・アライアンスは、1987年に設立された国際的な非営利環境保護団体。環境保全や農園労働者の生活向上など厳しい基準を満たした農園にのみ、レインフォレスト・アライアンス認証は与えられる。

3. カフェラテのためのミルクを使用

 カフェラテの命は何と言ってもミルク。ミルク本来のおいしさを追及したローソンでは、生乳100%使用ミルク(※)を使用。さらに、ミルクそのもののふんわりとした甘さをいかすため、熱すぎないやさしい温度で淹れていることもポイントだ。


※生乳は加熱処理をしています。 


4. 淹れるまでのスピードもアップ

 こだわりの豆、こだわりの焙煎、こだわりの抽出を一杯一杯手渡ししてくれるローソンのカフェラテ。しかしながら提供までの時間はスピーディーに。従来に比べ、Mサイズだと約10秒も早く提供できるようになったそうだ。


 ローソンにはコーヒーにあうチョコクロワッサンなどのドーナツメニューもたくさん。ほっと一息つきたいときは、ぜひローソンのMACHI caféを利用してみてはいかがだろうか。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000