「浪速のエリカ様」炎上 上西小百合衆院議員が松井大阪府知事は「馬鹿」、元秘書と訴訟合戦

これまで多くのものに「噛みつき」発言をし、注目されてきた “浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員が、今度は元秘書と訴訟合戦を起こしている。

上西議員は元秘書を、自身の事務所から什器等を盗み出した疑いで告訴。実は先日、この元秘書は名誉毀損で上西議員を告訴していたのだ。これに対し上西議員は、「こういう告訴を受けたことに関して私は事実はこうですと、向こうがやっていることに虚偽の記載があるんじゃないですか、ということを発信させていただくことが私の対応です」と答えており、徹底抗戦の構えを示している。

そもそもの発端は、昨年上西議員が国会を休みし、秘書と京都旅行をした疑惑について、この元秘書がマスコミや週刊誌に情報を流したと名指しで非難されたことを、事実無根として訴えことだ。これが今回の訴訟合戦につながっているのである。

挑発的な発言をし、多くの人物に「噛み」ついている上西議員。

今話題の小池百合子都知事についても、Twitter上で「政策的にはガッカリだけど、あの人はどうせ何もしないから、東京は別に問題ないと思います」と投稿。炎上騒ぎとなった。その他にも、片山さつき参院議員や東国原英夫氏に対してもTwitter上で宣戦布告している。

さらに元上司の立場に当たる、日本維新の会代表で大阪府知事の松井一郎氏が、問題となった“土人発言”に対して「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様。」とツイート。これに対しても上西議員は「松井一郎府知事は確かに馬鹿ですが、それでもあの機動隊員の発言は酷いと考える程度の頭ぐらいはあるはず。」「松井知事の発言は政治ではなく人権問題。絶対に許せない」などとツイートしている。

多くの炎上騒ぎを起こしてきた上西議員。一体このような“上西節”はいつまで続くのだろうか。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000