子供のオモチャってレベルじゃない!レゴブロックがすごいことになっていた!

男の子が大好きなレゴブロック

レゴブロックといえば、デンマークのおもちゃメーカーが販売しているプラスチックブロックで、全世界に愛好者のいる1大ブランドです。 

 日本でも非常に人気のおもちゃで、子供の頃に遊んだ記憶のある人も多いはず。拡張性の高さと自由さが大人にもウケており、メーカー公式のプロビルダーが存在するなど世界的なホビーとして認知されています。  

これだけ人気のレゴですから、さまざまなキャラクターとも積極的にコラボを展開。ニンジャや騎士から、『アベンジャーズ』『スター・ウォーズ』まで多彩なラインナップをリリースしています。


レゴブロックのゲーム版がすごすぎる

レゴは実際に組み立てるだけでなく、コンシューマゲームの世界でも人気です。「FRESH! by AbemaTV」の実況動画でもレゴゲームを多くの実況主がプレイしています。  

新作ゲームを紹介するゲーがく!さんでは、10月13日に発売される最新作『LEGO®スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプレイ動画をあげているのですが、そのクオリティがすごすぎるのです。

見た目は完全にレゴなのですが、映画のキービジュアルを完全再現です。めっちゃシンプルなデザインなのに、どこかカッコいいです。  

日本ではレゴ=子供のおもちゃというイメージですが、ゲーム版レゴはガチです。スタッフの狂気さえ感じさせる超やりこみゲームなのです。



完全に『スター・ウォーズ』です。  

背景のほこりっぽい感じとか、小物の造形などにむちゃくちゃ手間をかけています。そして、ゴチャゴチャと積み上げられるレゴブロックがシュールです。  

ストーリーは映画を下敷きに、ヒロインのレイやドロイドのBB-8となって冒険を繰り広げていくのですが、下手な『スター・ウォーズ』ゲームよりも再現度が高いです。


無敵の理論「レゴブロックならなんとかなる」 

レゴゲームのすごいのは再現度だけではありません。冒険を進めるために強引なまでのレゴ活用です。敵の手を逃れるためにレンは、このレゴの山を……

このように強力な武器を使って切り抜けます。レゴのゲームなので、「ピンチになったらレゴを組み立てよう」というものすごい理論が全編を支配しています。

このレゴ万能理論があるため、ステージはレゴを使ったギミック(仕掛け)がいっぱいです。中には画像のように仲間と協力して解くタイプのギミックもあり、仲間や親子でワイワイやれてしまうのもうれしいですよね。 

このギミックのこだわりもレゴゲームの面白いところです。答えを知ってしまえば「なーんだ」と思うのですが、そこに行きつくまでに結構悩みます。そして、解けるとかなり気持ちいいです。

充実しすぎるミニゲーム


レゴゲームは、ミニゲームがやたらと充実しているのも魅力です。  

飛行艇を使ったアクロバットゲームをはじめ、ストーリー内でさまざまなミニゲームやサブイベントを楽しむことができます。  

パッケージはちょっとカッコいいけど子供向け全開のくせに(失礼)、中身は『スター・ウォーズ』ファンも満足の超こだわりゲームです。

ちなみにほかのレゴゲームもすごい

こちらはとかい育ちチャンネルさんで実況している『ジュラシック・ワールド』の模様です。  

絶海の孤島にあるパークで恐竜さんから逃げ回るわけですが、こちらも手の込んだギミックと、再現度の高さがすごいことになっています。  

あのアベンジャーズが操作できる『マーベル アベンジャーズ』も作りこみがすごくて、アメコミをかなり読み込んでないと知らないようなヒーローや敵が出現します。  

そのほかにも、『ロード・オブ・ザ・リング』や『バットマン』など、子供ゴコロじゃなく大人ゴコロを刺激するタイトルが発売されています。

レゴゲーのすごさはキャラゲーだけじゃない

こちらきぬまる実況放送さんで実況している『レゴシティ・アンダーカバー』です。

キャラゲーばかりをピックアップしてきましたが、レゴ単独のゲームも作りこみがハンパないです。レゴ人形のボルダリングとか初めて見たんじゃないでしょうか?  

こちらはさまざまな職業のキャラを切り替えて、いろんなミッションをクリアしていくゲームなのですが、例によってムチャクチャ楽しめます。動画を見てるだけでも「ああ、あそこにブロックがあるよ!」とヤキモキしてしまいます。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000