【美人気象予報士まとめ】コスプレで”偉人”になった穂川果音

AbemaTVにて放映されている報道番組『AbemaPrime』の、先週のお天気コーナーでは、気象予報士の穂川果音はコロンブスのコスプレを披露した。彼女自身、体調を崩し、声が枯れてしまうなどの状態もあったが、体育の日にちなみ東京オリンピックの顔出しパネルからひょっこり顔を出し元気にお天気コーナーを開始させていた。


▪10月10日(祝・月)

「あなたの心の中和剤、穂川果音です!」と元気に登場した穂川。しかしながらスタジオ出演者はなにやら天気予報コーナー前のニュースの話題を引き続き展開しており反応なしの状況を受け、「聞いてますかー!」とお怒りコメントを放つ。スタジオから「盛り上がっちゃった」「ごめんなさい、ごめんなさい」と素直に謝罪のコメントがでると、穂川は笑顔を見せながら「ひどーい」と嘆いた。


▪︎10月11日(火)

この日、穂川は視聴者からの質問に答えるべく、台風についての豆知識を披露した。気象予報士らしい専門的な情報を展開すると、MCの小籔千豊が「へー」と声をあげながら積極的に穂川に質問する場面も。コーナーが終わると小籔は「今日はほんとに勉強になりましたね。いつもはアホみたいなことしか言わないのに」とオチをつけていた。


▪10月12日(水)

穂川は前日の予報を外したことを受けコロンブスのコスプレを披露。理由は「コロンブスはは1942年10月12日にアメリカ大陸を発見したんです」と説明した。また、穂川は「『体調管理に気をつけてください』と視聴者のみなさんに言いながらわたしの声がちょっと…」とガラガラ声で体調をを崩してしまったことを報告。これにMCの宮澤エマは「どうしたの? 大丈夫?」心配しつつ、「酒焼けした声みたい」と感想を伝えていた。


▪10月13日(木)

この日は、”菊の花言葉クイズ”が展開された。「赤の菊=愛情」「黄色の菊=破れた恋」「白い菊=真実」と共演者とのクイズタイムが行われた後、穂川は「果音は月にウサギがいるという”真実”をずっと”信じつ”づけています」と駄洒落を交えコメント。この発言にMCの椎木里佳は「信じれば叶うって言いますからね」と冷静に返していた。


▪︎10月14日(金)

コーナーの冒頭で「今週1週間は1964年に行われた東京オリンピックの聖火ランナーのイメージの看板でお伝えしてきました。そんな”聖火”ランナーを1週間やってきた果音は『天気の”成果”もUP、UPしたかな、なんちゃって。きゅるるん」とギャグを放った穂川。間髪入れず、「みなさん、このギャグ聞いてましたか?」と共演者にリアクションを求めると、ゲストキャスターとして登場していたふかわりょうが「聞いてませんよ。ごめんなさいね。今スタジオで転換があったものでね」と返答。その直後「はわわー、ふかわさん悲しみです!」と悲痛な思いが穂川から溢れた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000