リオ五輪金メダリスト・レスリング女子の登坂絵莉と土性沙羅、可愛すぎるユニフォーム姿で野球観戦

レスリング女子48kg級の登坂絵莉と、同じく女子69キロ級の土性沙羅のリオ五輪金メダリスト2名が、10月8日に東京ドームで行われたプロ野球セリーグのクライマックスシリーズ第1戦、読売ジャイアンツvs横浜DeNAベイスターズを観戦。その様子をTwitterに投稿したところ、合わせて1万件近くのRTと「いいね!」、そして多くのコメントが寄せられた。

(登坂絵莉<@eri_tosaka0830>Twitterより)


かねてからDeNAファンだという登坂はもちろん、阪神ファンながらこの日だけはDeNAのユニフォームで揃えた土性。「今日は沙羅もベイスターズのユニフォームで応援です!!!頑張れー!!!」「めっちゃ楽しかったしおもしろかった!!!!やっぱ野球おもしろい!!!」というコメントが添えられた自撮り画像からは、現場の楽しそうな雰囲気が伝わってくる。


そんな二人の声援の甲斐あってか試合はDeNAが勝利。登坂も「最高!!!最高!!!楽しかったーーー!!!田知本さんの始球式も見れてよかった」と投稿している通り、試合前には女子柔道70kg級金メダリストの田知本遥が始球式を務めていたようで、五輪仲間の晴れ舞台も観戦理由のひとつだったようだ。


この一連のツイートを見たTwitterユーザーからは、「アイドル目指せますね」「二人とも今日もとびきり可愛いですね」「えりちゃんとさらちゃんは勝利の女神様です」など、多くのコメントが。また「かわいい!」というコメント他にも、登坂と親交が深いというDeNAの関根大気選手の名前が頻繁に飛び出すなど、ファンにとっては色々と注目ポイントの多い投稿だったようだ。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000