大ヒット映画「君の名は。」 “面白くない”と言えないムードに映画コメンテーターが喝

 「東京大学物語」などの作品で知られる漫画家の江川達也が今月6日、昼番組に生出演した際にアニメ映画「君の名は。」(新海誠監督)について、「プロから見ると全然面白くない」とバッサリ斬った。

 江川が「プロから見ると全然面白くないんですよ。売れる要素ばっかりぶちこんでるちょっと軽い作品。絶賛している人が面白くなかったと言う人をすごくディスる」と番組でコメントすると、ネットでは「でも『売れたら勝ち』な気がする」「プロが面白いと思う映画を観客が求めているわけではない」と波紋が広がった。

 翌日の『原宿アベニュー』(AbemaTV)でもこのニュースを紹介。まだ「君の名は。」を観ていないという映画コメンテーターの赤ペン瀧川は、江川のこの姿勢を「いいと思うよ!」とコメント。「映画ってエンドロールまで観て終わりじゃなくて、エンドロールを観たところからが始まりだから。『なぜ面白くなかったか』がとても楽しい話になるんですよ」と話した。


 赤ペン瀧川が続けて「面白かった、面白くなかった話もあって初めて『あなたはそういう価値観なんだね』って分かることもあるじゃない。そこを楽しもうよ。叩く必要はない。疑問に思ったら相手に『なんで?』って聞けばいいだけ」とコメントすると、同日のコメンテーターのサンプラザ中野くんもこれに同意。

 もともと江川達也の漫画が好きだと言うサンプラザ中野くんは「江川さんであれば『なぜそう思ったか』って聞いちゃうね。面白くないと思った理由がちゃんと知りたい」とコメントした。


 サンプラザ中野くんは、ロックバンド『爆風スランプ』として活動していた経験から「作品を売りたいときって周りから熱意がグッとくるんだよね。僕は歌詞を書いていたんだけれど、ディレクターさんは密に詩のやりとりをしてくれた。『ここはこうやって考えよう』って応援されながら、ダメ出しをくれる。今回、新海誠監督もそういう感じだったんじゃないかな」と語った。


 続けて、サンプラザ中野くんは「新海誠監督が売れるために作りたくないものを作ったわけではなく、新海誠監督が作りたいものに周りのみんなが肉付けして、こういう形になったんじゃないかなと。『君の名は。』は、売りたいがために作った作品じゃないと思うよ」と話した。


 これには金曜キャスターの澤田汐音も「いい話ですね。何かが舞い降りてる」とコメント。テレビ朝日アナウンサーの森葉子も「思わず聞き入っちゃいました」といい話ぶりに感動していた。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000