ベッキーの地上波復帰 井上公造が舞台裏を語る

 ようやく復帰の算段が付き始めたタレントのベッキー(32)。9日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)にも出演したが、同番組は金曜日に収録され、木曜日段階で出演者は明らかになり関係者に台本が送られてくるのだという。

 今回は一人だけ「出演交渉中」となっていた人物がいた。10日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では芸能リポーターの井上公造氏が「最後まで内緒にしたい人ということで、誰がその人物なのかが推理となったんです」と舞台裏を報告。


 この時は、乙武洋匡氏やベッキーも名前が取りざたされた。当日、『芸能㊙チャンネル』出演者の長谷川まさ子氏も収録へ行き、そこで出演者がベッキーであることが明らかになった。なお、この情報は土曜日までは解禁しないように、ということになっていたそうだ。


 収録にあたって、「あの話(不倫)は聞くな」といった通達はなく、何を聞いても良いということになっていた。井上氏が補足する。

「環境として、松本人志さん、東野幸治さん、ヒロミさんがいるってのはものすごい話です。結果的に、色々突っ込んではいるものの、結局は、どれだけいじってあげられるかって話になるわけです。(不倫相手の)川谷絵音との話題をスルーしたら、なんのために出たの? って話です。いじり方のうまさが、三者三様。憎まれ役を東野さんがやってくれた形でした」


 なお、川谷は、未成年だった交際相手タレントの飲酒の場にいたことから芸能活動を自粛することとなったが、これはどう解釈すべきか。井上氏が語る。

「ベッキーサイドは10月改変期で戻れれば、という目算をしていました。ただし、無理ということは分かっていた。そこで、事務所は当初の方針から転換。レギュラーを獲得するのではなく、とにかく出られるところに出るということに。それが宝島社の広告とかですね」


 また、川谷が、現在告知済みのライブは実施することについては井上氏は厳しい見方をする。

「案内済の講演を自粛ということは、ライブまではやるもの。普通、バンドって、ツアー終わったら休むでしょ? それを『充電』と読むか、『自粛』と読むかです。アルバムは販売を見送りますから、ペナルティ的なところはあります。でも、川谷さんが休むのではなく、バンドが休むわけです。川谷さんは別のバンド組んでもOKってことになる。こういうことになると、バンドメンバーがつらいでしょう。ファンが応援していてアルバム楽しみにしていたら、なんでこうなるの? とは思う。飲酒をしたのは、もうすぐ20歳になるはずだった19歳の女の子。大したことない、と言う声もある。でも、ダメなんだよね」


 川谷は活動は休止するものの、あくまでもバンドの「充電」という見方もできるのでは? という意見だ。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000