トシ、タカの合コンエピソードを暴露 「気に入らないとすぐ帰る」

 6日よりタカアンドトシの冠番組『もし相方がいなくなったら~タカオアトシ~』が放送開始された。同番組は「もし相方がいなくなったら」をテーマにタカアンドトシのふたりがピンでロケに挑み、様々なスキルを身につけるというもの。最初のロケでは、タカが探偵カフェ・プログレスのひとりロケに挑戦。その後、次のロケ現場に移動する途中で、タカの頑固さ加減が露呈した。

 同番組では、くじ引きでアライブ(ピンでロケ)かデッド(ロケには同伴するものの幽霊扱いとなり発言権なし)を決める。


 最初にアライブとなったタカだったが、探偵カフェのロケではワニの肉を食べて以来、テンションはだだ下がり。進行役のあべこうじは「どっちが(ひとりロケを)やってもこうなんですかね?」と不安げな様子を見せると、トシは「(タカは)デッドだったら喋んない。ボーっとしてジーっとしてる」とタカの行動を予想した。

 タカ自身もそう考えていたようで「デッドはデッドだから」と否定せず、これにあべが「(タカは)結構頑固なんですか?」と質問。中学からの仲だというトシは「結婚してない頃、コンパとかするとサングラスしてきて。女の子が食いつかないと、気に入らないとすぐ帰っちゃって」と過去のエピソードを暴露。「3000円バーンと置いて帰っちゃうから」とタカは笑っていたが、頑固なタカにトシは振り回され続けているようだった。


©AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000