脊山麻理子がグラビアと下着研究 「日本人男性は白い水着が好き」

 6日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、フリーアナウンサーの脊山麻理子(36)がゲスト出演した。

 元日本テレビアナウンサーの脊山は、2010年に退社後、バラエティ番組で活躍する傍ら、写真集を出すなどグラビアアイドルとしても活動している。「グラビアをやるようになってから、グラビア研究家みたいにいろんな人を見ている」といい、ポーズなど見せ方の研究をしているそうだ。


 その研究結果か、脊山はグラビアで赤い三角ビキニ姿を披露。さらに白いビキニの写真も披露すると、「日本人男性は白い水着が好き。清楚な感じがするらしい」と持論を展開した。これに番組MCで俳優の南圭介(31)も「それわかるわ。シンプルがいいというか」と同意すると、脊山はさらに「下着も白のほうがいいんですって。なんかビビっちゃうんですって、黒とかだと」と続けた。

 これに芸能リポーターの長谷川まさ子氏が「でも、(女子は)みんな張り切ってエッチなのとか履いちゃうんじゃないの?」と質問。すると脊山は「女性誌がすぐ赤とか押すんだけど、男性にリサーチしたところ、間違いなく白の普通のやつがいいって」と、独自の研究結果を披露した。


 出演者で唯一の男性である南は「確かに白は美しいというか。身近だけど、手が届かない神秘的な距離感がある。赤とかだと『赤ですね』ってなる」と、脊山の意見に同意。脊山はさらに、「赤は緊張しちゃうんですって。なんか、手に負えないって」と、グラビア研究家どころか下着研究家ばりの知識で、スタジオの女性陣を驚かせていた。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000