フジモン、アルコ&ピース平子は「好きじゃない」と告白

 FUJIWARA藤本敏史の初の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』が10月5日(水)にAbemaTVにてスタートした。この番組は「もし藤本が明日芸能界から干されてしまったら…」というテーマのもと展開されるバラエティ番組。藤本をこよなく愛するゲストたちが出す10個程度のリクエストに藤本が応えていく。初回はお笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希と酒井健太がゲストとして、しずるの村上純がMCとして登場した。

 ラップバトル、ギャグの伝授、激辛料理に挑戦…など、様々なお題に挑戦してきた藤本だったが、7番目のお題としてあげられたのは「フジモンにホメてもらいたい」というもの。

 アルコ&ピースの2人は過去に共演した際、初対面の藤本から「有吉の番組しか出てへんやないか」「有吉の犬」と言われたことがあるそうで、そのことを謝罪した上で、成長した自分たちのことを褒めて欲しいと訴えた。藤本は「仲良くなるきっかけを作るために言った」「俺はそういうところがある」と当時の自分を振り返ったが、平子は悔しい思いをしたそうだ。


 「謝る必要はない。それで一念発起して頑張ってるやん」「他事務所だから俺のやり方が分からなかった」と言い訳を続ける藤本。

 「じゃあ、どういうところを認めているか教えてください」と藤本に詰め寄った平子。すると藤本は、「なんか雰囲気いいなって…」と曖昧に回答。これに平子は納得のいかない様子でさらに回答を要求すると、「俺はチョケるタイプやから、平子みたいに静かにボケる感じを持ってないから尊敬するところがあるのよ。俺にはできないことをやるから」と藤本は平子を褒めだした。


 しかし、ここで藤本は余計な一言を口走る。「平子はすごいと思うけど、俺は酒井(の方が好き)なのよ。俺は酒井みたいな方をどんどん追いつめて、いじりたくなるのよ。平子は大丈夫なのよ。酒井みたいなのをなんとかしてあげたくなるのよ」「正直言うと、(平子は)苦手なタイプ」と、平子が後輩としてかわいいと思えないことを語りだし、ついには「好きじゃない」と断言した。

 藤本のこの告白にショックを受けた平子は、「確かに若手芸人の中でも、自分だけ先輩にいじってもらえない」と思い当たるフシがあるよう。「ある意味完璧すぎる」とフォローする藤本や村上だったが、「(藤本に)感謝を伝えようとしていたのに…酒井をほめるのはいいけれど、好きじゃないは言わなくていいじゃないですか」とかなり引きずっていた。


©AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000