「ハリルホジッチ監督の采配」城彰二が語るイラク戦の注目ポイント【W杯アジア最終予選】

2018年開催のサッカーロシアW杯のアジア地区最終予選・イラク戦が6日、埼玉スタジアム2002で行われる。今回の予選の中でも、ここは”絶対に負けられない戦い”として、注目されている。

まず日本の入っているグループBで、現在日本は1勝1敗で3位。無条件でワールドカップに出場できるのは2位までなので、是が非でもここは勝っておかなければならない。


さらに日本より上位にいるオーストラリアとサウジアラビアは、すでに直接対決でイラクに勝っている。上位にいる国がすでに勝ち点3を取っている相手に、勝ち点を落とすわけにはいかない。対するイラクも、ここまで2敗。3敗すればワールドカップ出場はかなり厳しくなるため、イラクにとっても負けられない戦いだ。


5日にオンエアされたAbemaTV『AbemaPrime』では、サッカー解説の城彰二氏がイラク戦の注目ポイントを紹介。いわく、

「注目はハリルホジッチ監督の采配。海外組が所属チームでの出場時間が少なく、コンディションや試合勘の面で、かなりの不安要素がある。ベースとなる部分での大幅な変更はないと思うが、選手交代のタイミングや、誰を起用するのかなどに注目したい」

とのことだ。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000