フジモン、もう1人の自分の顔を見て「うわっ怖!」

 10月5日(水)、若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』で、同番組コメンテーターのFUJIWARA藤本敏史(45)が自分の顔を見て怯えるという事態が発生した。

 同番組には今回、リアルなボディペインティングで国内外から注目を集めているアーティストのチョーヒカル(23)が出演。彼女は、身体に目や物を描くアートをはじめ、衣服デザインやイラストなどを幅広く手掛けているが、今回はスキンヘッドの男性の後頭部にリアルな“藤本の顔”を描き、スタジオで披露。横に並んだ藤本は「うわっ怖っ!なんか本当にしゃべり出しそう」と怯え、この顔のイラストが“スタジオの外から窓越しにこちらをのぞく”というシチュエーションでは「怖い怖い。自分に見られるの、めっちゃ怖い」と恐怖におののいた。


 しかし、「この人だれなんですか?」とスキンヘッドの男性に対して冷静に突っ込む場面も。「知らない人なのに後頭部に俺の顔、書かれてすみません」と謝り、スタジオを笑いで包んだ。


 ちなみに、チョーヒカルは「いままで100人以上に描いてきた。目が騙される瞬間が楽しい」と、ボディーペインティングを続ける理由を話していた。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000