蝶野正洋、ぱるるを知らない 「ぱるるっていうグループなの?」

 4日、AKB48の島崎遥香が、年内でのグループ卒業を発表した。

 この日、島崎は求人サイト「バイトルNEXT」の新CM発表会に出席。会見で「年内をもってAKB48の活動を終了します」と正式に報告した。同期の横山由依は目に涙を浮かべ、島崎の新しい船出を「応援している」とコメント。一方、指原莉乃は、「AKB48が使っているスリッパが汚いのですが、ぱるるが卒業前に全部買い替えてくれるそうです」と公表した。島崎は「指原さんの方が給料高いですよ」とやんわり拒否。代名詞である“塩対応”を発揮していた。

 このニュースを受け、AbemaTV『原宿アベニュー』では、火曜レギュラーの杉浦太陽が、同レギュラーのテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーに「“テレ朝のぱるる”こと弘中さんいかがですか」と呼びかけ。弘中アナが「おこがましいです、そんなことないです……」と複雑そうな表情を浮かべると、杉浦から「なんでそんな表情なの」「塩対応ですね!」とからかわれ、恥ずかしそうにうつむいていた。

 中学生アイドルの岩崎春果は自身の愛称に触れ、「ばるるさんが大好きなので『はるる』にしました」と告白。

 一方、火曜新レギュラーの蝶野正洋は「ぱるる、知らない」「ぱるるっていうグループなの?」と戸惑い気味。杉浦から「『ぱるる』はあだ名です」と説明を受けると、「『塩対応』っていう人のあだ名か」と、さらに勘違いを重ねていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000