交際人数700人超、今カレは26歳 「大人の色気スクール」55歳校長の悩殺テクとは?

AbemaTV『AbemaPrime』で4日、番組アシスタントの江奈さやかが、“イケてるちょっと変わった人”を取材する「江奈さやかの“イケ変”見つけた」コーナーにて、「大人の色気スクール」を開催しているおかざきななさんの活動が紹介された。

9年前に開講した「大人の色気スクール」でおかざきさんがレクチャーするのは、ズバリ“男性を悩殺するテクニック”。取材した日は、25人の女性が集まっていた。さらに、おかざきさんは、YouTubeに自らのチャンネルを作り、ネット上でも“大人の色気”を徹底指導している。

スクールでは、例えば「すれ違う際に大人の色気を感じさせよう」「落し物を拾う際に大人の色気を感じさせよう」といった悩殺テクを、実技指導。そんな彼女に色気を学ぶべく、セミナーを受講した女性は、これまでにおよそ1万5千人以上にのぼる。受講生におかざきさんの魅力を聞いてみると……


女性「太陽みたいな その場にいると、場が華やぐというか明るくなる方です」

女性「“モテの師匠”って感じですね」


江奈も、おかざきさんの指導を仰ぐことに。そこでは、

「色気のカケラもないじゃない。この服、パンツダメ!露出度が足りない。表情が暗い!女は愛嬌なんだから。リアクション、表情、可愛くキュートに!それから声ダメ。低い!色気がNothing!」

と、とことんダメ出し。そこで、克服するためのレッスン開始。お手本となるセリフは「ありがとう!甘えちゃっていいです…か?」。これを色気たっぷりに言う練習だ。鏡を前に、自分なりに“色気”を研究し、さらにパンツ姿から、露出の多いワンピースにチェンジして披露すると、おかざきさんは「おぉーカワイイ。良い感じ。セクシー!」と合格点をつけてくれた。


ところで、おかざきさんの“色気”は、本当に通用しているのか。どれ位の男性をメロメロにさせたのか聞いてみると、

「結婚は3回、離婚は3回したでしょ。お付き合いした男性は763人だったかな。3年前までは彼氏が38人いたのね。でも今は超イケメンの彼に一途なんだけど、その彼がちょっと年下で。私よりも29歳年下の彼がいるの」


なんと、これまでに763人もの男性を虜にし、現在、26歳の彼氏がいるという、おかざきさん。そんな彼女が考える『色気』とは・・・

おかざきさん「色気って放っておいて出るものではなくて、意図的に男性を立てる、男性のやる気を引き出す。女は男性のやる気を出すために存在する生き物だと思ってるの。だから女性が女性らしくなって、しっかり女をアピールしていけば、男性はイイ女を手に入れたいと思うので、やる気にもなるし、仕事もバリバリ頑張るし、日本経済が活性化していくのよ。大人の色気は日本経済を救うんです!」

番組では、おかざきさんが、スタジオにも登場。色気たっぷりにものを拾うしぐさや、「ありがとう 甘えちゃっていいですか?」というフレーズが実演されると、スタジオ内から拍手が起こった。

ちなみにおかざきさんによると、色気ある声を出すポイントは、「思ったより自分の声は低いので、意識して高い声を出すこと。声がかさかさしていて、湿り気がない時は、『はぁっ』という息を混じえるとしっとりする」とのこと。そして、あくまでも色気は“マナー”。品があってセクシーさをアピールするのはOK。品がないと“お持ち帰り”ケースになる」という持論を展開した。

おかざきさんが立つだけで、「チャーミング」「場が明るくなる」とスタジオ陣も大喝采。品のある色気は場を活性化させるのは、確かなようだ。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000