テレ朝・弘中アナ、大量わさび寿司に挑戦 思わず涙目に

 10月3日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)にて、月曜キャスターのレッド吉田、今井華らが「大量わさび寿司」を実食した。同番組に出演しているテレ朝・弘中綾香アナウンサーも果敢に挑み、涙目になる事態となった。

 そもそも「大量わさび寿司」とは、大阪・ミナミにある寿司店「市場ずし難波店」で、外国人に対してわさびを多めに入れた寿司を提供してクレームが殺到したことで話題となったもの。10月2日、店を運営する藤井食品はホームページにて、「すしに多くのわさびを乗せていた件ですが、そのような事実がありました」とわさびの増量を認め、「わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」と謝罪文を掲載した。


 店によると、外国人観光客からわさびの増量を求められることが多く、1、2年前から確認せずに、通常の2倍程度に増量していたという。このニュースを受け、同番組では「大量わさび寿司」に挑戦することとなったのだ。

 レッド吉田は、2倍のわさびが入った寿司を前にして、「けっこう見た目すごいぜ?イカなんか相当鼻にきそうだな」と食べる前からその量に驚愕。「周り見ても芸人俺しかいないもんね」と自身を納得させ、イカを口に運んだレッド吉田だったが、一口食べるなり「あぁ~」と苦痛の表情。

 全身を使った大きなリアクションで激辛具合を表現し、「この量はダメだよ。今胃が熱いもん。これはバラエティの世界だけです」と切り捨てた。


 これを見ていた月曜キャスターの今井華(23)も、「華ちゃんも食べてみる?」というレッド吉田の一言で挑戦することに。「芸人さんみたいなことするの初めて」ととまどいながらも、甘えびの寿司をパクリ。「うわぁ~!辛い辛い辛い!」と絶叫した。

 その後、「あれ、弘中ちゃんも食べたいの?」とレッド吉田からまさかのフリを受け、テレ朝・弘中綾香アナウンサーも、激辛寿司にトライ。「ええ~!私ですか?」と驚きながらも、「お二人が食べていらっしゃるんだから、私も食べてみないと」と健気な姿勢を見せる弘中アナ。

 わさびがたっぷり乗ったまぐろを食べ、「うぉ!」と普段からは想像できない低い声を漏らし、一瞬で涙目に。しばらくは話すこともできない様子で、目を丸くして驚いていたが、「すごいですね、初めて経験しました。目がブワーってなりました」とコメント。身を持って辛さを体験し、「これはちょっと厚意では解釈できないですね」と、納得できない様子だった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000