中村静香がサルサダンスに挑戦 男性との絡みに大絶叫

 29日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(26)がMCを務める『#SHIBUYAbema』第25回が放送された。今回はゲストにグラドル・中村静香(28)を招き、夜の恵比寿を散策した。

 Fカップの美乳と細くくびれたウエストを持つ中村だが、「グラドルがムキムキになるのも……やわらかみのある“ぷに子”体形を目指しています」と、普段はあまり運動をしていない様子。そこで、サルサダンス教室「HTDC」で、官能的なサルサダンスを体験することに。ここで中村の「ファンの方も未知数なのでは」と語る運動神経が明らかになった。


 先生のデモンストレーションを見ると思いのほか激しい動きが多く、「無理無理」と弱腰になっていた中村だが、身体を動かすと飲み込みが早く、運動神経はいい様子。

 しかしここで別の問題が発生。男性に身を任せる動きが多い中、中村は照れもあるのか「あっくん怖い!」「ギャーーー!」とパートナーを“拒否”。あっくんが馴れ馴れしく「しーちゃん、しーちゃん」と呼びかけるが、中村はなかなか目を合わさず、「見つめ合う時間が長い!」とあっくんの頭をしばいていた。

 最後にはあっくんが中村の身体を支え、逆上がりのようなアクロバティックな動きに挑戦。こちらは先生の補助もあり一発成功し、最後には「あっくんと信頼関係生まれた」とハイタッチを交わしていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000