藤原紀香、会見で見せた“梨園の妻”ぶり 「片岡紀香に徹する」

 今月23日に京都の上賀茂神社で挙式した歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(45)が28日、東京の帝国ホテルで披露宴を行った。600人が参列したという豪華披露宴は取材NGとなっていたが、披露宴に先立ち、愛之助が単独で会見を開いた。

 この日の紀香は和装で、挙式の際の白無垢の作者である友禅作家の秋山章氏による、白を基調とした色打掛けと、えんじ色の振袖の2着を披露したが、その姿に愛之助は「感無量ですね。よく似合ってました」と幸せいっぱいの表情を浮かべた。また、挙式前にプロポーズはまだしていないと話していた愛之助だが、「プロポーズは指輪の中に刻みました」と告白。その言葉は「吾が妻を想う来世迄も」という一文で、これには紀香も「すごく喜んでいました」という。

 愛之助は、今回の披露宴の趣旨を「妻を役者の先輩方、後輩、ご贔屓の方々の紹介するのが目的」と話し、梨園の妻としての紀香について「入籍した日から妻ですから。お礼状を書いたり、その日から始まっている。こつこつと自分なりに勉強しているみたい」と語った。

 これについて、『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に出演する芸能リポーターのあべかすみ氏も、紀香が「今日は片岡紀香に徹する。これからもしっかりと愛之助さんを支えていきたいという思いから、(会見に)出なかった」と、一歩下がって夫を立てようとしている様子を伝えた。


 挙式時には「シンプルなものにする」と言っていた披露宴だが、かなり豪華なものだったようだ。『芸能㊙チャンネル』のパネラーでもある芸能リポーターの井上公造氏も出席しており、6代目片岡愛之助にちなんで6段重ねのウェディングケーキ、京都祇園の芸妓たちによる本格的な「手打」の披露、紀香の親友である歌手の大黒摩季がこの日のために書き下ろした歌を披露するなど、4時間近く盛大に行われた。 


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中 


『芸能㊙チャンネル』のその他の記事はこちら

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000