お宝を復活させよう!セーブできなくなったファミコンカセットの電池交換方法解説動画

ファミコンカセットのセーブ

実家の押入れから、昔やっていたファミコンカセットが出てきた!

憧れだったカセットを、リサイクルショップのジャンク品で安く手に入れた!


発掘したファミコン本体、または互換機にカセットを入れ、懐かしい気持ちでプレイを始めるも……セーブができない!? 

こんな経験ありませんか? 


実はファミコンのカセットは、内部の電池を使ってセーブを行っています。

ですから、製造から何年も経ったカセットは、電池切れとなってセーブができない状態となっていることが多いのです。


セーブが必要ないアクションゲームは遊べますが、RPGなんてセーブできないことにはプレイのしようがないですよね。


しかしせっかく発掘したお宝、「使えないから処分」ではもったいない。

ここはひとつ、ちょっとした工具を用意して、自分の手でレトロなカセットをよみがえらせてみましょう。


電池交換の解説動画

カセットの中の電池を交換すれば、セーブができるようになる(はず)。

そもそも起動しない、明らかに破損しているなど、ほかに異常がある場合ではなく、動くがセーブだけできない、という場合の対処法です。


しかしレトロといえども精密機械ですから、適当にいじくってみるわけにもいきません。

こういうものは、とにかくできる人の作業を見たほうが早いでしょう。


ということで、「FRESH! by AbemaTV」にて無料で視聴可能な解説動画を探してみました。


レトロゲーム収集やゲーム環境を整えるのが趣味の、弁当屋さんという方の放送です。

冒頭、なぜかアイドルマスターのライブが流れますが、オープニング映像の代わりでしょうか。 その後はちゃんと電池交換解説となっているので「騙された!」と閉じたりしないでくださいね。


必要な工具

・はんだ

・はんだごて

・はんだ吸い取り線

・大き目のマイナスドライバー

・ニッパー

・CR2032型ボタン電池

・電池ホルダー


工具というと身構えてしまいそうですが、その辺のホームセンター、電器店、100円均一で簡単に入手できる道具ばかりです。


①カバーをはずす

プラスチックのガワを開けます。


裏表2枚でできているので、継ぎ目を外せばいいだけなのですが、少々コツが必要なのだとか。

まずは両手に力を入れて引っ張ります。

黒いカセットではわかりづらいということで、赤いカセットで細部を映してくれました。


継ぎ目の内側に、バリが見えます。

ここに当たるまでマイナスドライバーを差し込みます。

こうして作った隙間を利用して、はめ込まれた箇所をはずします。


弁当屋「表紙のほうに向かって、テコの原理で」


バチっと音が鳴り、はまっていたプラスチックがはずれます。

反対側も同様にはずしましょう。

弁当屋「上部にはツメがあるので、こうズラせば簡単に開きます」


両側を外したら、下へ優しくスライドさせるようにすると、綺麗に開きます。

平行に持って丁寧に扱わないと、中身が落下したり、破損してしまう可能性があるので、気を付けましょう。


②ROMを取り出す

表側のプラスチックをどけると……これが内部の基板、ROMです。


理科や技術の授業で、似たようなモノを見たことがあるのではないでしょうか。


緑の下に透けて見える細い線、ひとつひとつが電気回路。

銀色に丸く盛り上がっているのが、はんだで溶接された部分です。

こちらはひっくり返したところ。


画像左上の大きな銀の円盤が、ファミコンカセットの電池です。

元の電池が古くなっていて文字が読み取れませんが、ファミコンカセットに使うのは「CR2032」という型のボタン電池。

高くても300円程度で入手できるようです。


③電池をはずす

基板に溶接された電池をはずすのですが……


弁当屋「はんだを逆に盛ってあげる」


メーカーやロットによっては最低限のはんだしか使われておらず、その場合接地面が少なくてうまく溶かせないのだとか。

そこで先にはんだを追加して、溶かすはんだの接地面積を増やすと、全体が溶けて抜きやすくなるのだそうです。


このあたりの詳しい説明は動画でご確認ください。

弁当屋「こうやって溶かしながらひっぱってあげれば……」


画面から切れていますが、右手にはんだごてを持ち溶接面を溶かしながら、左手で電池をひっぱります。


2ヵ所溶接されているので、もう1ヵ所も同様にはんだを盛って溶かし、はずします。


④溶接面のお掃除

電池をはずしたところです。


銀色のカスが付いているのが、電池が溶接されていた部分。

これを、綺麗に掃除します。

はんだ吸い取り線を使って、はんだを除去します。

導線の束でできたテープのようなものが、はんだ吸い取り線です。

ホームセンターで200円程度で購入できるようです。


吸い取り線をはんだの上に乗せ、その上にはんだごてを押し付け加熱します。

すると、溶けたはんだが吸い取り線に吸収され、除去することができます。


⑤ホルダーを取り付ける

電池ホルダーを基板に取り付けます。


複数のカセットを修理する予定なら、まとめて購入しておくとお買い得です。

弁当屋さんによる最安値情報は動画にて。

ホルダーの取り付けには、差し込み口を広げる調整が必要な場合が、多々あるそうです。


基板の穴を広げる方法と必要な道具も、動画内で実践しながら解説してくれます。

うまく入らない場合は、そちらを参考にしてください。

基板に乗せてひっくり返し、はんだで溶接します。


⑥電池をセットする

溶接したホルダーに、電池をセットします。


新品ピカピカのCR2032電池が鎮座した基板。

この電池がROMへの書き込みを可能にし、セーブができる状態になります。


⑦カバーをかぶせる

あとはカバー裏に基盤を乗せ、カバー表をかぶせてガッチリはめれば完了! 


起動して、ちゃんとセーブができるようになっているか、動作確認をしましょう。

一度電池を変えたら、10年くらいは保つそうです。


まずはお宝カセットではなく、ジャンク品などで練習してみるといいかもしれませんね。


番外:スーファミカセット

同じ動画の中で、スーファミカセットの電池交換も解説しています。

スーファミカセットをお持ちの方は、続けて視聴してみてください。 


番外:ゲームボーイカセット

同じくゲームボーイカセットの電池交換も見せてくれます。


ゲームボーイのカセットは、大型リサイクル店などで安価で入手しやすいので、実験台を探すのも容易でしょう。


弁当屋さんの動画

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000