若槻千夏の実父が生放送に乱入 ナイツにサインをねだる

 28日、若槻千夏がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』が最終回を迎えた。この日はメインゲストに漫才コンビ「ナイツ」の塙宣之(38)と土屋伸之(37)を迎えて渋谷を散策していると、生放送に若槻の実父が珍入するハプニングが発生した。

 普段はiPadで当番組を鑑賞しているという父だが、「ナイツさんのファンだから、一目見ようと思って」とやってきたという。あいにく塙が離脱していたため、土屋と固い握手を交わした。

 若槻は「まさかきょうお父さんが来るなんて」「イベントとかも来てくれるんですけど、来るって言わないんですよね」と、普段から温かく見守られていることを告白。父娘の良好な関係を窺わせた。

 番組の後半では、過去のゲストたちが大集合してトークを展開。するとなぜか若槻の父もそこに混ざり、トークに参加することに。若槻の父は「この中で一番、無人島で生き残りそうな人は」というお題に「うちのママ」とコメント。また「この中で付き合うなら誰」というお題には「筧美和子さん。(娘と)同じプロダクションだから」と“政治的”な部分への配慮も見せ、共演者たちから爆笑されていた。

 しかし途中で勝手に休憩を挟むなど、やや奔放な一面もチラリ。最後は若槻のマネージャーに色紙を買って来てもらい、生放送中にナイツの2人からサインをもらってご満悦。若槻から「後1分くらいで(番組)終わるから後でやってくださいよ」とたしなめられていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000