捨て猫だった「ネコ吉」 飼い主さんの愛情で見違えるほど綺麗になる

 「ネコ吉」は子猫のときに段ボールに入れて捨てられていたところを保護され、飼い主であるドラ吉さんの家族になりました。

 拾った当初、目はかろうじて開いているものの、まだ生まれて間もない、手のひらサイズの小さな子猫でした。ドラ吉さんのお母さんが保護したことで、家族の一員に。

 当時、ドラ吉さんのお母さんは数匹の子犬を保護していたそうですが、次は猫。ドラ吉さんのブログによると、最初はもう使っていない犬小屋の中にネコ吉がいました。ドラ吉さん家族は猫を飼った経験もなく、戸惑ったまま。ネコ吉はドラ吉さんの気配を感じると、つぶらな瞳を向けて「ニャー、ニャー」と言いました。


 ドラ吉さんは一瞬でその猫の虜(とりこ)になってしまい、その場で「この猫は“ネコ吉”という名前にしよう」と決めたそうです。しかし「メスなのにネコ吉はどうなのか」という問題があり、家族で話し合うことに。


 ドラ吉さんにとっては「一目見た瞬間からこの猫は“ネコ吉”」。どうにかこうにか家族を説得し、その子猫は晴れて「ネコ吉」となりました。

 飼い始めた当初は、猫の飼育経験もなく、どのように面倒を見てあげればいいのか、何をしてあげれば良いのか、ドラ吉さんは不安だったそうです。しかし、日々愛情を注ぎ続けた結果、いつの間にか拾ったときよりも倍以上の大きさになり、先住していた犬とも一緒に暮らせるまでになりました。

 なんとクリスマスには、サンタのコスプレまで披露。サンタのコスプレ衣装だけではなく、ドラ吉さんはネコ吉にクリスマスプレゼントも用意してくれました。

 プレゼントの箱を開けてみると、中身は大量のねずみのおもちゃ。鼻を擦りつけたり、ドラ吉さんに遊んでもらったり、ネコ吉は夢中になって遊びます。

 大量のおもちゃに囲まれてネコ吉も幸せそうです。最後は1つのねずみに集中して遊んでいたネコ吉ですが、これだけたくさんあると全部は遊びきれないですね。


 飼い主さんの愛情で、捨てられていたころよりも、ずっと幸せに生まれ変わったネコ吉。次のクリスマスにはどんなプレゼントがもらえるか、楽しみで仕方がないのかもしれません。


【放送日】「ネコ吉 〜ある捨て猫の物語〜」はAbemaTVペットチャンネルで10月2日(日)22時〜22時51分の時間で初放送!


©AbemaTV

(AbemaTIMES動物部)

▶︎ Facebookページ「ペット Ch@Abema TV」は毎日更新中!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000