菊地亜美 生肉を食べる胃の強い男がタイプと告白「野獣キャラが好き」

 9月27日にAbemaTVで放送されたトークバラエティ番組『モテたいオンナ#13』の企画で、同番組のMCを務めるタレントの菊地亜美(26)が人生初の合コンに参加し好きな男性のタイプを告白した。

 合コンは3対3で行われ、男性陣はお笑いコンビ・こぶしの門脇のりや(31)、アメリカンコミックスの鈴木祐介(28)、サツキのむねたが登場。女性陣は菊地のほか、元アイドリング!!!のメンバーでタレントの大川藍(23)と朝日奈央(22)が参加した。

 同企画は、合コン風景のVTRをオネエタレントのゆしんが見て評価するという趣旨で開催されたもの。ゆしんからは「あんたね、目が死んだ魚みたいだった」「テレビを意識してやってる」「バラエティの菊地亜美がすごい出てる」など厳しいコメントが目立ったが、唯一「素を出していた」と褒められたのが異性のタイプを告白するシーンだった。

 合コンの後半戦、門脇から「フェチみたいなのある?」という質問が投げかけられると菊地は「毛深いの好き。大好き。胸毛とギャランドゥーがつながっている人が好き」と打ち明けた。さらに「中性的な人よりも野獣キャラが好きだから。キレイにツルツルよりも男らしい人が好きだから。焼肉とか行っても生肉とかシャッシャッてそのまま食べる人がいい。おなかが強くて、ハラミとか『まだだよ~』って言っても『胃の中に入れちゃえば一緒でしょ』みたいな」とワイルドな男性が好きだということを饒舌に語った。

 これを見たゆしんは「本気で言ってたよね。プライベートのことをちゃんと。お酒に酔ってたのかしら?」と高評価。

 一方、合コンに参加した門脇は「テレビ見てる感じ。何をしゃべったかも覚えてないくらい。でも一生懸命だったのはわかる。壁がすごいですね。人に対しての。心を開いていないのがわかっちゃうんですよね」と菊地への印象を語った。

 門脇からのコメントを聞いた菊地は「悩みを思い出した。テレビ見てる感覚だったって言ってたじゃないですか。すごいテレビと同じっぽいときもあるし、ちょっと普通にしていると機嫌悪いの?とか聞かれるの」とテレビとのギャップを指摘されることに実は悩んでいることを明かしたが、ゆしんは「この番組で鍛えられなさい」とアドバイスして番組を締めた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000